手放し運転OK!クルマの自動運転技術。最先端ではドライバーはただの監視役

広い世界には、さまざまな格差があります。それはクルマを見れば一目瞭然。自動車先進国ドイツで手放しのクルマの開発が進められているかと思えば、インドネシアでは20年以上前の日産マーチみたいな乗り心地のクルマが、最新のクルマとして走っております。今回は、国ごとに違うクルマの最新事情をまとめてみました

自動車西村直人=文 Text by Nishimura Naoto

◆手放し運転から燃料電池車まで世界で異なる最新クルマ事情

「体力の温存と時間の節約」。これがドイツのダイムラー・トラックの最新大型トラック「FT2025」のコンセプトだ。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=779869

FT2025 この大型トラックには、メルセデス・ベンツの乗用車が搭載する各種センサーの改良版に加えて、乗用車ではまだ実用化されていない広域無線LANや、路車間&車々間などの通信技術が搭載されている。

 これによりセンサーの検知範囲内であれば、システムによる自律操作によって円滑な走行が保たれるため、ドライバーはハンドルやペダルに一切触れず、リラックスした姿勢で監督役に徹するだけでいいのだ。

 とはいえ完全な自律自動運転は、まだ無理だ。切羽つまった時は、自動的に急ブレーキが掛かり、危険を回避してくれるが、基本的にはドライバーのブレーキ操作やハンドル操作で危険回避を行なう必要がある。

 そのため「FT2025」には、自車周囲500mの道路状況や、他車の動きを通信技術によって監視する特別なシステムが与えられた。こうすることで、「今から○秒後に自律自動運転が解除される」といった情報が、車載のPDAを通してドライバーに送られる。この情報は、自律自動運転が解除される10~20秒前に伝えられるので、ドライバーはゆとりをもって対処できるわけだ。

 こうした技術開発は、物流業に従事するドライバー不足と、その高齢化対策としての意味合いも強い。自律自動運転によってドライバーの運転負担が軽減されると同時に、自律自動運転中にクラウドを活用してデスクワークを済ませることで、ドライバー1人当たりの総労働時間も減少する。つまり、事業者にとっても労働コストが減るという大きなメリットが生み出せるわけだ。

⇒【後編】『インドネシアの最新自動車は20年前の日産マーチ並み!?』に続く http://nikkan-spa.jp/778267

●横向き運転OK! 手放しでアクセルもブレーキも不要
試験車両である「FT2025」の本来の狙いは、先進安全技術や自律自動運転技術を2025年までに実用化していくというメッセージを発信すること。課題は公道で手放し運転を行なうための法整備だが、すでに欧州では見通しがついた

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?
sponsored
 いつの間にか、セミがガンガン鳴きだして夏がきたと感じる昨今。今年の夏は、2010年以来の猛暑が予想され、連日うだるような暑さを覚悟しなくてはならない…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
人生は決して諦めないこと…映画『トランボ』に学ぶ
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日——フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」——46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな——連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中