配車アプリの普及で迷惑な客が増えた!? タクシードライバーの嘆き

 UberやLINE TAXIといったスマホのGPSを利用してタクシーを手軽に呼べる配車アプリ。迷惑客の例として、ドライバーのDさんが、真っ先に挙げたのは「指定場所に行ってもいない」というものだ。

「配車アプリ」でタクシー運転手が困った迷惑客

©うっし~

「30分遅れて指定場所に来る人もいますし、先に流しのタクシーを捕まえてキャンセルする方もいて困ってます。多いのは『お前が来る前に何台もタクシーが通ったぞ』と怒る人。都心だと流しのタクシーが多く、場合によってはそれを捕まえたほうが早いですからね。あと指定位置は、通りのどちら側かまではわからないので、逆方向から行くと怒る人もいます」

流行店別[ヤバい客]の新基準

配車アプリでは周辺のタクシーの位置が見れるが30秒ほど誤差があり、怒る客も

 また、システム上の問題でドライバーが被害を受けるケースも。

「乗車位置の指定がいい加減で、高速道路や土手の上を指定され、問い合わせしたこともあります」

 手軽さがウリの配車アプリだが、それを逆手に取った客はやはり迷惑といえるだろう。

◆ルームシェア

 便利さに甘えた客は自分の部屋を宿泊施設として提供したい側と、気軽に宿を見つけたい観光客とをマッチングさせるAirbnbやカウチサーフィンといったサービスにも見られる。

「簡単に部屋が取れちゃうから、次の宿を決めずに泊まりにきて、見つかるまで居座ろうとするヤツもいますよ」と語るのは、これまで100人以上に部屋を提供したというサラリーマンのOさん。

「クラブでお持ち帰りした女とリビングで朝飯を食べてた図々しいヤツもいましたね。『ラブホじゃねえぞ!』と(苦笑)」

 Webやアプリが急速に進歩する一方で、客のマナーはまだ追いついていないようだ。

取材・文・撮影/加藤カジカ 鼠入昌史 古澤誠一郎 林泰人(本誌) イラスト/花小金井正幸
― 流行店別[ヤバい客]の新基準 ―

洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?

スーピマカットソー
 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第81回目をよろしくお願いします…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(9)
メンズファッションバイヤーMB
洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
ストーカー対策も万全!? 水商売から学ぶ女性の危機管理術
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンの“引退ドラマ”にウォリアー出現――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第125回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
日本の接客は「世界一」ではない!――
大川弘一の「俺から目線」
万引きでもしたら?――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
マックvsスタバの「チーズケーキ対決」、あなたはどっち派? 世界中の両チェーンに通う男が勝手に判定
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中