雑学

食べ放題店で“やりたい放題”のマイルドヤンキーたち

 メディアやWeb上で度々マナーの悪さを揶揄されているマイルドヤンキー。地元のショッピングモールにたむろしているのが特徴とされるが、もうひとつの聖地といえるのがバイキング形式の郊外型食べ放題店だ。果たして本当に迷惑客の基準が存在しない、“無法の世界”が広がっているのかを探るべく、西東京はT市にある食べ放題チェーン店に潜入した。

流行店別[ヤバい客]の新基準

店外に溢れ出た無数の自転車が、これから訪れる嵐の激しさを予感させる……

 まず圧倒されたのは店外に並ぶ自転車の数。マイルドヤンキーが好むとされているミニバンに交じって、数十台もの自転車が駐車場から溢れ出ている。

 さっそく、入り口の階段に座り込む子供たちをかき分け、店内に入ると、残念ながら満席。待合室で待機していると、ドアが開くたびに店内から子供たちの絶叫が響く。これは予想以上にヒドそう……。

◆迷惑客だらけなのを店員に警告される

 30分ほどして席に案内されると、開口一番店員が発した一言に衝撃を受ける。

「今日は団体のお客さまが多いので、ご迷惑をおかけするかもしれませんが、ご理解ください」

 着席したその瞬間、店側の無条件降伏である。さらにメニューを注文するタッチパネルと呼び出しベルを見ると、いたずらが横行しているのか、「盗難防止センサー付き」の文字が……。

流行店別[ヤバい客]の新基準

盗難防止が厳しく強調されたタッチパネルと呼び出しベル。さすがにこんな物を盗むような人はいないと思うのだが……


次のページ 
気を取り直して料理を取りに向かうと

1
2




おすすめ記事