程よい場末感…「繁華街スナック」の知られざる魅力

 特別企画「スナックの歩き方」の連載4回目になる今回は、”近場で癒す! 繁華街スナックの知られざる魅力”ということで、7年続けたSPA!連載「俺の夜」の精鋭記者を卒業するテキサスが、“嫁の浮気→離婚”という心の傷を癒した行きつけのスナックを紹介する。

近場で癒す!繁華街スナック知られざる魅力

テキサス行きつけの繁華街スナック「Soe」

◆程よい場末感が◎な繁華街スナックの魅力

 5年前、当時結婚していた嫁の浮気が発覚。放心状態でたどり着いた福島県郡山市のスナックで、やけくそに長渕剛ばかり3曲連続で熱唱していると、隣の席のオジサンが「何か辛いことでもあったのかい? なら、存分に歌えばいいさ」とそっと1万円を手渡してくれた。以来、人情味あふれるスナックの魅力に取りつかれた、バツイチのテキサスです。

 スナック=場末感が漂う場所というイメージが強いが、正直30代半ばのテキサスはそこまで落ち着いていない。席に着く女のコも40~50代よりは、20~30代のほうがいい。また普段、六本木や新宿、渋谷で飲んでいるテキサスにとって、郊外スナックも億劫だった。そこで目をつけたのが恵比寿にあるスナックである。

 実は都心の主要繁華街にもキャバクラやガールズバーに埋もれ、スナックが存在する。恵比寿にもスナックやラウンジ、ショットバーなど二十数店舗が入るテナントビルがあり、恵比寿に集いそうな女子が働いている。その一つがテキサス行きつけの繁華街スナック「Soe」というわけだ。

 料金形態は延長料金(60分1000円)をとるため、ラウンジなのだが、雰囲気はスナックそのもの。料金も安くついつい長居してしまう。また、在籍している女のコは千晶ママ(34歳)を中心に20代の女のコと若く、その多くは東京に憧れて地方から出てきた上京娘ばかりだ。

「キャバクラやガールズバーで働いたことはないけど、恵比寿で働いてみたかったんですよね」(同店在籍のれんかちゃん・24歳)

 キャバクラのような営業トークは一切できない。だが、「ゴルフ一緒に行こうよ」「今度、恵比寿でランチしようよ」とユル~い誘いはしばしば。もちろん、面倒くさいので断るが、その付き合えそうな雰囲気が心地いいのは確かだ。繁華街スナックにはこうした女のコが多数集まってくるのである。

 そして、スナックの定番であるカラオケだが、同店では混雑時のカラオケはNG。正直、見ず知らずの他人の歌はあまり聴きたくないもの。ましてや、マイクを離さずカラオケボックス化してしまうマナー違反な客はウザい。もちろん気分がノってきたら、千晶ママに相談しつつ歌うこともできるが、本当に歌いたくなったら、同ビル内にあるカラオケバーにすぐ行けるのも繁華街ならではと言える。

 とにかく、繁華街スナック攻略のカギは、手当たり次第に店に入り、“ここだ!”と決めたお店に通い続けることだ。そうすれば、恵比寿レベルの上京娘と仲良くなれるし、遊び慣れたカッコいい、バカな常連客とも酒を酌み交わせる。同ビル内のほかのお店を紹介してくれたりと、夜遊びにも深みが出てくるものだ。

 5年間、同店に足を運んだ結果、男の勲章と呼ぶべきボトルタグは50個を数えた。

 正直、これだけのボトルを入れても成果は少ない。「今日も不毛な時間だったな」と消化不良で終わる日のほうが多いだろう。

 だが、ちょっと飲みたいとき、人生に疲れたとき、フラッと立ち寄れる憩いの場が近くにあるというのはいいものだ。繁華街スナックは、いや夜遊びは人生を癒す。俺の夜を通し、つくづくそう感じたテキサスでした。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=978401

【魅力1】遊び慣れた常連客と仲良くなれる

遊び慣れた常連客と仲良くなれる 場末のスナックでよく見かける、くたびれたオヤジではなく、繁華街スナックには人生を謳歌している常連客が多い。日常では出会えない人生の先輩に、ごくたまに生き方を学び、仕事のアドバイスをもらうこともある

【魅力2】スナックソングをママにリクエストして酔い痴れる

スナックソングをママにリクエストして酔い痴れる 同店では混雑時のカラオケはNGだが、タイミング次第では可能。千晶ママにリクエストして歌わせるのも一興だ。ちなみに、酔っ払ったママに中島みゆきの「悪女」「糸」、一青窈の「ハナミズキ」を歌わせるのがテキサスは好き

【魅力3】20代~30代前半の若い女のコが集う

20代~30代前半の若い女のコが集う キャバ嬢のような煌びやかさはないが、郊外スナックよりも若いコがいるのが魅力。千晶ママのファンが多い。口説きたいかどうかは別として恵比寿のおいしいお店にでも誘えば、喜んでついてきてくれるかも!?

【魅力4】キープボトルのタグは男の勲章

キープボトルのタグは男の勲章 ニューボトルを入れるたびに増やしてきたボトルタグ。その数は50個以上。離婚に始まり、その時々の思い出が刻まれており、テキサス5年分の歴史が詰まっている。この日もボトルタグには「俺の夜卒業」と書き込んだ

●『Soe』
都会に染まりきれない女のコたちが、優しく接客。
東京都渋谷区恵比寿1-12-7 三恵31ビル8F
電:03-3473-0191
営:20時~ラスト
休:日曜祝日
料:60分5000円~/延長60分1000円

撮影/西田航

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中