ライフ

「運の流れを変えなければ」――46歳のバツイチおじさんはカジノに活路を見出そうとした【第20話】

運の流れと言えば博打。 俺はカジノに行くことにした。 カジノにはさまざまな運がうごめきあっているに違いない。 その運にぴょんと飛び乗ってみようと思った。 俺はトゥクトゥクを飛ばし、Nagworld&Hotel Entertainmentというカジノに向かった。 トンレサップ川の高級リゾート地にきらびやかに輝く、プノンペンとは思えないド派手な外観だ。 俺の泊まっているバックパッカー街とは何もかものが違っていた。 中に入ると派手な音楽が流れ、キレイに着飾った女性がたくさんいた。 2フロアーのあらゆるところに、スロットマシンがある。 メインフロアーにはルーレットやブラックジャックなどがあった。 「運の流れを変えなければ」――46歳のバツイチおじさんはカジノに活路を見出そうとした 「運の流れを変えなければ」――46歳のバツイチおじさんはカジノに活路を見出そうとした流れを変えるためにやってきたとはいえ、俺はバックパッカー。 今は無収入だ。 こんなところでうん数十万円もスられたら、旅を止めて帰らなければならない。 沢木耕太郎の「深夜特急の香港・マカオ編」でも博打の話が出てきて、若き主人公は人生観を変えるため、全財産をかけてもいいという勝負に出る。 俺の場合、そんなことをする気はさらさらない。 エンターテイメントに身を置く人間は、人生が博打みたいなもんだ。 こんなところで余計な運を使いたくない。 そう心に決めて、賭場に入った。 辺りを見回すとほとんどが中国人だった。 やはり、中国経済の発展は凄いようだ。 凄い勢いで中国語とお金が飛び交っている。 しばらく様子を見ているとめちゃくちゃに混んでいる席と、ガラガラな席があることに気づいた。 特にルーレットの一つは、20分以上誰も席についていない。 俺は、あるアイディアを思いついた。 「あの席に座り、当たったら騒いでやろう」 ルーレットのディーラーは狙ったところに100発100中入れられると聞く。 であれば、「俺が誘い水となって他のお客さんが集まってくれば、ある程度までは俺を勝たしてくれるのではないか?」という仮説を立てた。 俺はオドオドしたふりをしてルーレットの前に座った。 そして5$分のチップを黒に置いた。 もし、当たったら思いっきり喜んでやろうと思った。 ルーレットの玉は転がり…………、見事に黒へと的中。 「おし!」白々しくならないように、さりげなくガッツポーズをした。 今度はチップ2枚を赤に置くと、ルーレットは転がり赤に落ちた。 今度はもう少し派手に「よっしゃ~!」とガッツポーズをした。 すると、暇そうな中国人のおばさん二人組が、俺のテーブルに寄ってきた。 賭けもせず何か中国語で喋っている。 俺はチップ2枚を手元に残し、もう2枚をまた赤に置いた。 するとルーレットの玉は赤に入った。 3連続の当たりだ。 すると、中国人のおばさんたちが、俺にニコニコしながら中国語で話しかけてきた。 俺はこの人達、「パチンコで言うところのサクラかも」と思った。 しかし次の瞬間、そのおばさんたちはおもむろに大穴狙いで一人100$くらいをバラバラと賭けだした。 「おばさん、金持ってるんだ」 俺は、今度は黒に置いた。 そのおばさん二人のうち、一人は少し勝ち、一人はかなり負けた。 でも、少しは当っている。 玉は黒に落ち、俺はまた当たった。 「運の流れを変えなければ」――46歳のバツイチおじさんはカジノに活路を見出そうとした俺は確信した。 「このディーラーは俺ら3人を餌に、他の客を呼び込もうとしている」
次のページ 
仮説は当たった
1
2
3
4
5
6
7
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事