ライフ

「運の流れを変えなければ」――46歳のバツイチおじさんはカジノに活路を見出そうとした【第20話】

晩ごはんは、北朝鮮国営のレストランに行った。 中に入ると、北朝鮮の衣装を着た女性が、ウエイトレスをやっていた。 ⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1084033 「運の流れを変えなければ」――46歳のバツイチおじさんはカジノに活路を見出そうとした皆、綺麗だ。 どうやら喜び組らしい。 冷麺と北朝鮮の海苔巻きキンパを頼んだ。 「運の流れを変えなければ」――46歳のバツイチおじさんはカジノに活路を見出そうとした 「運の流れを変えなければ」――46歳のバツイチおじさんはカジノに活路を見出そうとした様子を見ていると、お客の中には通い詰めている男性客もいるようだ。喜び組の女性も、その人たちとは仲睦まじく喋っている。 一時間ほどたつと、女性たちは奥の部屋に全員帰ってしまった。どうやら何かが始まるようだ。冷麺を食べながら待っていると、その娘たちが衣装を着替え、歌を歌い、ダンスを始めた。 ⇒【動画】http://youtu.be/KIkq8SK3b1U そして、日本語でテレサテンの「時の流れに身をまかせ」を歌った。 ショー終了後、禁止されているはずだが、2S写真をお願いしてみた。 快くではないがOKしてくれた。 顔が小さく、なかなか可愛い娘だ。 「運の流れを変えなければ」――46歳のバツイチおじさんはカジノに活路を見出そうとしたこんなチャンスもなかなかないので英語でこんな質問をしてみた。 俺   「プノンペンは楽しいの?」 喜び組 「……全然、楽しくない。ここ好きじゃない」 俺   「国に帰りたい?」 喜び組 「……早く帰りたい。お母さんに会いたい」 俺   「彼氏とかいるの?」 喜び組 「……」 この質問をすると、態度が一変して冷たくなった。 マナー違反なのか? 国からの命令なのか? どうやらふさわしくない質問をしてしまったようだ。 俺 「ごめんなさい。変な質問して」 ぺこりとお辞儀をして謝った。 一応、ニコリと笑ってくれたが、全体的に彼女たちの笑顔は作られたもので、プロの仕草のように感じた。 「きっとここに通ったら、禁断の恋にはまるかもな」 お会計をすると、ビール一本と冷麺で22.5$(2550円)。 歌もダンスもついて、喜び組が一人担当としてついてくれてこの金額。 高いのか安いのかわからないが、六本木の感覚で言うと安いと思う。 プノンペンに来て数日が経った。 こんな感じでダラダラと日常を過ごしていた。 ダメだダメだ。 これじゃあただのバックパッカーだ。 「俺は世界一周花嫁探しの旅に来てるんだ」 この街で運命の出会いを見つければならない使命が俺にはあった。 しかし、4~5日の間、同じホテルに滞在し、街をうろついたり、一人で飲みに出かけたりしてみたが、誰とも会わないし何も起きない。 さすがに今回ばかりは困り果てた。 「運の流れを変えなければ」
次のページ 
運の流れと言えば博打
1
2
3
4
5
6
7
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事