ニュース

大阪で増える中国人系「カラオケ居酒屋」。一部店舗では“接客以上”のやりとりも!?

 東京・吉原のソープランドや新宿・渋谷のデリヘルなどの風俗店で、中国人オーナーが増えている。背景には中国人エステの摘発強化や、中国人観光客を当て込んだ経営形態の変更などがあるようだ。では、大阪の状況はどうだろうか?

大阪で中国人オーナーの「カラオケ居酒屋」が増殖中。一部店舗では“接客以上”のやりとりも!?

実態は置屋だった!?(写真はイメージです)

 日雇い労働者の街・大阪の西成では、夜になるとアチラコチラから楽しげな歌声が聞こえてくる。一帯の飲み屋では「カラオケ居酒屋」が出店ブームなのだそうだ。地域住民は話す。

「このへんの商店街は、シャッター通りやったんやけど、2年ほど前から次々にカラオケ居酒屋になった。オーナーもホステスもみんな中国人。客は日本人やけどな。3000円で歌い放題、焼酎飲み放題の店が多いな。このへんの賃料は5坪で10万円くらいやから、そこそこ儲かるやろな」

 ただ、在阪の風俗ライターによると、一部店舗では“接客以上”のやりとりが行われている。

「5000円払えばホステスを連れ出せる店が多い。行き先は近くの安ホテルで、女のコに1万円渡して一発です。けっこう人気でサラリーマンの利用者も多い」

 大正時代から続く遊郭・飛田新地のすぐ近くで、中国人による新たな色街が形成されている。 <取材・文/週刊SPA!編集部>

※4/19発売の『週刊SPA!』では「中国人が[日本の風俗店]を買いあさっていた!」という特集を掲載中

週刊SPA!4/26号(4/19発売)

表紙の人/ 松岡茉優

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事