恋愛・結婚

アダルトグッズ重大ニュースTOP5――社会の映し鏡「エロ業界」から振り返る2016

 激動の2016年もあと残りわずか。今年、世間を騒がせた各界の重大ニュースがメディアを賑わせているが、SPA!は敢えて[エロ業界]に大注目。社会の映し鏡[エロ業界]の重大ニュースを読み解けば現代社会が見える。

【アダルトグッズ業界】

「世界のアキバ」は「エログッズの街」としても有名に


 中国人観光客による爆買いが終焉を迎えたと言われる日本だが、アダルトグッズ業界はインバウンド特需で活況を呈しており、大人の玩具専門店「エムズ秋葉原店」には、連日外国人が押し寄せている。同店の広報担当・八十島さんに話を聞いた。

「例えば、中国人の方がよく買っていくのが極薄の『0.01mmコンドーム』。お客さまの爆買いを避けるため、店舗では1人1個までの販売制限を設けるほどなんです」

 また、中韓をはじめアジア人観光客に人気なのが、AV女優がパッケージに描かれるオナホールだ。

女優の喘ぎ声を楽しめるオナホ

挿入しながら女優の喘ぎ声を楽しめるオナホ。五感で楽しむグッズだ

オナホ「特に波多野結衣ちゃんと蓮実クレアちゃんの人気はアジアで根強く、クレアちゃんのオナホに至っては売り上げの大半が外国人。箱に惹かれて買う方が多いようです」

 一方、近年の日本人客の傾向は“パケ買い”でなくインターネット上のレビューを参考に買う人が多く、本当に良い商品だけが売れ、粗悪品は淘汰されているという。

 海外需要を取り込み、優良品を供給する。本当のクールジャパンはここにある。

次のページ 
アダルトグッズ重大ニュースの発表

1
2




おすすめ記事