恋愛・結婚

【AV女優の愛人契約事情】中国人富裕層との契約も

 ギャラの低下が叫ばれるAV女優稼業。近頃は愛人業に勤しむAV女優も増えている。

「お金持ちのファンからの熱烈なアプローチが多いですね。出会いはAV女優として勤務する風俗や、知人からの紹介などさまざまです」

 そう語るのは企画単体系の人気“熟”女優・Aさん(38歳)。彼女も2年前から医者が運営する会社の肩書のみの“重役”となり、なんと年俸380万円で愛人契約を結んでいるという。また、AV女優の愛人相手にはここ数年ある“トレンド”があるのだとか。

「最近は、日本のAVが人気を博している中国の富裕層と契約を結ぶ女優も多く、SNSで中国人から片言のメッセージが来ることも少なくありません。こうした中国人富裕層向けのクルーザーパーティも日本で行われていて、そこにAV女優数人と愛人候補として派遣されたこともありますよ」

 AV女優が所属する事務所がこうしたオーダーに裏で対応することもあり、相場は一日で50万~100万円前後なんだとか。国内外を問わないファンによる“爆買い”はとどまるところを知らないようだ。

中国人富裕層との契約も。AV女優の愛人契約事情

中国人富裕層が所有する高級タワーマンションの一室が、AV女優を招いての“社交場”となっていたケースもあるとか(※写真はイメージです)

取材・文/姫野ケイ 高島昌俊 加藤カジカ 亀田治五郎 大格宗一郎(本誌)
― [愛人相場も大暴落!]密着ルポ ―




おすすめ記事