雑学

風俗店の看板に自分のイラストが無断使用されている! pixiv絵師から怒りの声があがるも…

 ここ1~2年ほどの間に風俗店の看板ではアニメイラスト風の看板を掲げるのがトレンドになっている。リラクゼーション店など多くのお店の看板で用いられ、二次創作・オリジナルキャラクターも含めて、実に様々な女のコのイラストが、夜の繁華街に溶け込んでいる。

イラスト無断使用の看板が


 しかし、その中にはpixivに投稿した二次創作イラストを無許可で使われたという事案も発生しているという。絵描きを始めて15年、7年ほど前からpixivにイラストを投稿し、現在はイラストレーターとしての仕事も請け負う、宇野さん(20代・仮名・男性)。

 彼が、大阪の日本橋のリラクゼーション店の看板に自身の二次創作イラストが使われているのを知ったのは、まったくの偶然だった。

「Twitterのフォロワーさんが偶然リラクゼーション店の看板を見つけて報告してくれたんです。たまたま知人に教えてもらえたおかげで、僕の場合は転載を知ることができました。当時は特に表立って活動していたわけでも、人気があったわけでもなかったので“なんでわざわざ俺の絵を……”という感じで」(宇野さん)

宇野さんがpixivにアップしたイラスト

イラストが無許可使用されている看板

風俗店の看板はパクリに気づきにくい


 店頭のPOPや海賊版グッズなどに使われるのは、宇野氏の知り合いの絵描き仲間にもいるようだが、さすがに風俗店のイラスト看板ともなると実際に見つかるというのはレアなケースだという。

「たいていは自分の知らぬ場所で、勝手に転載されているというのがほとんどでしょう。だとすれば相当えげつない話ですよね…」(宇野さん)

 pixiv絵師が住んでいないエリアでイラストを無許可で使用された場合、自らのイラストが使用されていることに気づきにくい。仮に店のHPがあったとしても、そのHPにたどり着くことが困難だ。

次のページ 
絵師にとっても怒りにくい事情が…

1
2




おすすめ記事