雑学

正論であっても、例を間違うと頭の弱い人に伝わらない【ひろゆきのネット炎上観察記】

― ひろゆきのネット炎上観察記 ―

●日本は海外の発明をパクる、にネット上でツッコミの嵐

「日本は海外の発明を無視し、数か月後に日本製として真似を始める。でも、最終的にオリジナルに負ける」。そんな投稿をしたグーグルのエンジニアFrançoisChollet氏のツイッターが話題だ。ネット上では「ぐうの音も出ない」という意見もあるが、「mixiのほうが古いんですが」など、同氏が挙げた例にツッコミも出るなど賛否両論が巻き起こっている

⇒【画像】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1345228

ツイート

正論であっても、例を間違うと頭の弱い人に伝わらない


 世の中では、「伝え方が大事」とはよく言われていて、本とかも話題になっていたりしますけど、そもそも頭の弱い人に対して何かを伝えるときに、伝え方が悪いと相手が理解できないことがあるんですよね。逆に同じことを伝えていても、伝え方がうまいと、頭の弱い人を簡単にコントロールできるってことだったりもするわけです。。。

 ちょっと前に、「誰に食わせてもらってるんだ」ではなく「お前が好きで良いものを食ベさせたいから一生懸命働いてるのに、その言い方は酷い」と言ったら奥さんが怒るのをやめたので言い方は丁寧なのがいい、といった内容のツイートが話題になっていたんですけど、これが伝え方の上手な例ですね。

 そんなわけで、グーグルで働きつつも東大のISIの研究員を務めていて日本語が使えるKeras開発者の人が、ツイッター上で日本のウェブサービスについての感想を書いていたのですが、「時系列的にはミクシィはフェイスブックじゃなくて、オーカットのパクリじゃね?」とかツッコミを喰らいまくっているのですね。

 『ニコニコ動画』に関しても、ユーチューブにコメントを載せるところからスタートしてるので、そもそもパクりにすらなってなくてコバンザメみたいなサービスでして、当初はまねすらできていなかったのですよね。。。ユーチューブに接続を拒否されるようになって、仕方なく動画アップロードサービスをつけたぐらいで、デザインとアイデアで当時の日本では普及しましたけど、現在はユーチューブ全盛だよねってのはおっしゃる通りだと思います。。。

次のページ 
海外のビジネスモデルを持ってくるのは、日本でよくあること

1
2




おすすめ記事