エンタメ

水曜日のカンパネラ・コムアイ、大ブレイクした心情を語る「誉められても真に受けないタイプです」

 毒&ユーモア溢れる歌詞に、中毒性のある楽曲、そして自由すぎるステージパフォーマンス。独自の路線でインディーズシーンを突っ走ってきた「水曜日のカンパネラ」がメジャーへ進出する。結成から4年、なぜこんなにも多くの人に受け入れられるようになったのか?

水曜日のカンパネラ

水曜日のカンパネラ(コムアイ)

 引きこもりのゲームオタクが無理やり鬼退治に行かされる「桃太郎」や遣隋使が新宿二丁目にワープする「小野妹子」。水曜日のカンパネラの楽曲は、ブラックジョークの効いたユーモアに溢れている。昨年は「ヤフオク!」のCMに起用されて、大ブレイク。1分弱の映像で、ボーカルにして“主演”のコムアイはお茶の間に特異な存在感を示した。作曲・編曲担当のケンモチヒデフミに、“その他担当”のDir.Fというこの3人組のユニットは、今年3月には米テキサスで開催された世界最大級の音楽祭「SXSW」にも出演。その勢いはとどまるところを知らず、ついに今夏メジャー移籍を果たした。これを機に“水カン”はどう変わっていくのか? コムアイが毒っ気たっぷりに語った。

――すごく有名になりましたね。

コムアイ:うーん。まぁでも今年だけだと思います。

――そうなんですか(笑)。

コムアイ:いつも思っています。もっと食い込んでいかないと今年までになるなって。

――有名になって変わったことは?

コムアイ:私自身はあんまり変わらないかもしれないですね。オファーが増えて、スタッフは大変だと思いますけど、私は道端で話しかけられたりもしないし。

――でも、やっていることの内容とクオリティはこの3年ですごく変わったと思います。楽曲もライブも。

コムアイ:毎回いろいろ新しいことを試していますから。まず自分が楽しむために。自分が飽きちゃったら、見てる人もつまらないじゃないですか。「水曜日のカンパネラ」っていうイメージが固まってくるほど面白くなくなってきて、私は「ナメられてるな」って感じてしまうと思う(笑)。

――以前はステージで鹿の解体を披露したりしていましたけど、最近はやっていませんよね。

コムアイ:単純に最近アウトドアなことができてないっていうだけです。ライブでやったのは、動物が食べ物になっていく過程を生で見て、その意味を感じてほしいから。もともとジビエに興味がある人だけじゃなくて、普通の音楽好きの人にも見てほしくて。獣害問題の解決にもなるし、おいしいのに、まだ全然普及していないので、そこに働きかけるのはライフワークだと思っています。

次のページ 
「もともとワンマンが苦手だったんです」

1
2
週刊SPA!6/21号(6/14発売)

表紙の人/ 渡辺麻友

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

UMA

メジャー移籍後初のアルバム。海外のサウンドプロデューサーとタッグを組んで、「チュパカブラ」「ツチノコ」など全7曲を収録




おすすめ記事