エンタメ

ブラフマン「40代のバンドマン」として今、思うこと

 今年で結成22年を迎えるバンド、BRAHMAN(ブラフマン)。2年前の20周年記念イヤーには初のベストアルバム『尽未来際』をリリースし、さらにその軌跡を追ったドキュメンタリー映画『ブラフマン』が公開された。

BRAHMAN

BRAHMAN

 彼らのデビュー当初を振り返れば、世はまさにパンクブームの全盛期を迎えようとしていたころ。多くのバンドが世に出ては活動休止や解散をしていったなかで、彼らのようにずっと第一線で活動を続けてきたバンドは、ある意味、稀だといえるだろう。

 そんな20年間を第一幕とするならば、昨年からは第二幕がスタートした形になるブラフマン。その最新シングル「不倶戴天」は、表題曲のほか、彼らにしては珍しいコラボ楽曲「ラストダンス」(THA BLUE HERBのILL-BOSSTINOが参加)も収録された、意欲作と呼べる内容だ。

 リリース直前の4人の胸中に、かねてより懇意にしている音楽ライターの石井恵梨子が迫った。

20年やってきても「ステージ上がればただのバンド」


――4人でのインタビューは一年ぶり。当時のインタビュー記事は新曲「天馬空を行く」ができて、そこから「今年中にアルバムができたらいいね」「絶対ない。自信がある」「これだけは言っておく、アルバムは出ないぞ!」っていう発言がシメになったわけですが………まさに有言実行だなと。

一同:ははははははは!

TOSHI-LOW(Vo):難しいよね、有言実行するのって。うっかり出ちゃうんじゃないかと思ったけど、そこは気をつけたよ、出ないように。

――(笑)何をしてたんでしょうね、この一年。

TOSHI-LOW:ねぇ? でも一年って言われても……最近、時間の感覚がだいぶおかしくなってる。AIR JAM2016もだいぶ前のことって感じだし。

――去年のフェスでいえば、ARABAKI ROCK FESでのセッションは興味深いものでした。

RONZI(Dr):あー、あれ去年だっけ?

MAKOTO(B):それこそ2年くらい前って感じがするけど……去年の4月か。

TOSHI-LOW:ARABAKIの時みたいなセッションって、ブラフマンではやってこなかったことで。ただARABAKI側に「やれ」って言われたからやったけど、それによって、4人に誰かが加わったところで自分たちは自分たちなんだなってことがわかったよね。楽しめた。

KOHKI(G):うん、思ったより楽しかった。

――あのセッションもそうだし、対バン相手は水曜日のカンパネラからMOROHAまで広がっていたり。俯瞰で見ると、ジャンルや世代を超えていろんな人と交わっていった一年でした。

TOSHI-LOW:20周年を〈尽未来際〉で区切ったわけだから、もはやその20年をぶら下げて歩くよりは、一からバンドとして外に出ていく感覚があったかもしれない。区切りをつけたことで、逆にそれまで積み重ねてきたことも忘れられたのかな。今さら過去に囚われないし、20何年やってきた長いバンドですって自分で思うこともないし。「ステージ上がればただのバンドじゃん?」っていう感覚。だから若い人たちとやっても新鮮だなと思う。

RONZI:若者、すごいよね? 今「水カンからMOROHAまで」って言ったけど、水カンみたいなのとか、MOROHAみたいなのが出てくること自体が驚きで。そんなの昔いなかったから。そういう新感覚のものと接すると……。

TOSHI-LOW:「新感覚」って言葉が古い(笑)!

RONZI:そうそう。新人類と触れることで、我々もまたフレッシュな気持ちになれますね(一同笑)。

KOHKI:「新人類」に「フレッシュ」(笑)。

TOSHI-LOW:完全に80年代のおじさんの言葉(笑)。

次のページ 
新曲「不倶戴天」がめちゃくちゃ格好いい

1
2
3
4





おすすめ記事