スポーツ

“ヒットマン”ブレット・ハートのいらだち――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第141回

 ルーガーはWCW退団後、1992年にWWE傘下のボディービル団体WBF(ワールド・ボディービルディング・フェデレーション)と契約。プロレスラーからプロボディービルダーへの転向を図ったが、その後、WBFプロジェクトそのものが中止となったためルーガーもプロレスラーとして再商品化された。  ビンスは、ルーガーをホーガンのようなタイプの純正ベビーフェースに変身させようとしていた。コンセプトもホーガンとまったく同じWASPのオール・アメリカンで、イメージカラーはレッド&ホワイト&ブルーの星条旗カラー。  ビンスが思い描くところの“サマースラム”のクライマックスは、もちろんルーガーがヨコヅナの超巨体をボディースラムでキャンバスにたたきつけるシーンだった。かんたんにいってしまえば、ビンスはあくまでもホーガンの“代用品”を求めていた。 「チャンピオンのリングコスチュームはシンプルなショートタイツとリングシューズ」がビンスの持論だったが、ブレットはカルガリー・スタイルのシングレット&ロングタイツにとことんこだわった。ブレットはビンスの突然の“ルーガー起用策”を侮辱ととらえた――。 (つづく)
斎藤文彦

斎藤文彦

※この連載は月~金で毎日更新されます 文/斎藤文彦 イラスト/おはつ ※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス講座」と書いたうえで、お送りください。
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事