ライフ

女子が語る“男のおしゃれファッション”講座「一人で服を買いに行くから失敗するんです」

伊勢丹メンズと阪急メンズを抑えればOK

 では、ユニクロ以外に服はどこで買うべきなのだろうか。また、参考にすべき資料として何を見ればよいのだろうか。これは話を聞いた女性複数人から同じ場所があがった。 「銀座の阪急メンズ東京と、新宿の伊勢丹メンズで買えば間違いないと思う。値段が高いと思われがちだけど、上の階のほうはぜんぜん買えます。30代以上だったらこの2つに行って店員に服を選んでもらえればいい。20代はユナイテッドアローズとかナノ・ユニバースとか、原宿のセレクトショップで買えば、まあダサいとは言われないと思う」(26歳・飲食業・渋谷区在住)

伊勢丹メンズ館公式メディアより

「伊勢丹メンズ館の7階と、地下のシューズフロアで買えば絶対女ウケはいいです。下手に自己流のファッション理論を身につけるより、この2つで買い物してほしい。あと、『Safari(男性向けファッション誌)』に載ってる服とかアクセは、だいたい阪急メンズ館で取り扱ってるので、先に読んでおくとラク」(27歳・元アパレル店員・世田谷区在住)  ほかには、上級テクとして「Instagramのオシャレな人フォローして、似たような服を買いに行けばオシャレになると思う」(25歳・原宿アパレル店員・世田谷区在住)という意見もあったが、これはややハードルが高いだろう。  逆に、女性が男性と服を選びに行くことで、新たな発見もあるという。 「ウエストのリボンが邪魔、襟がかっちりしすぎてるとか、彼氏と買い物に行くと具体的にダメ出しされます。自分が思う清楚系と、男が考える清楚系は全然違う。清楚系を狙って買おうとしたワンピが、それは清楚系じゃなくてロリ系だと言われたりっていうのもあった」(26歳・保険営業・台東区在住)  以上のことから、女性側の意見として男性のファッションに求めることは次のようにまとめられるだろう。 1:ユニクロも含めて女性と買い物にいけ 2:20代は原宿のセレクトショップ、30代以上は伊勢丹メンズ館と阪急メンズ館へ 3:『Safari』で取り上げた店を狙い撃ち  これが巷の女性の生の声。ネットの着こなし術の記事を読んで、もう一段上のオシャレに挑戦したいという男性は一度試してみてはいかがだろうか。 <取材・文/日刊SPA!取材班>
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事