エンタメ

HKT48の歴代センター3人が語る“センターの意識”と“涙”

 ’16年1月に全国公開されたHKT48初のドキュメンタリー映画『尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48』がパッケージ化し、9月14日(水)に発売される。HKT48結成時の平均年齢は13.8歳と、48グループとしては圧倒的な若さを誇った彼女たち。この映画からも、若さゆえの喜びや苦しみや葛藤が映し出されていた。なかでも象徴的だったのは、“センターポジション”を経験した兒玉遥、田島芽瑠、朝長美桜が明かした思いだった。

HKT48の歴代センター3人が語る“センターの意識”と“涙” そこで、今回は3人にインタビュー。映画を振り返っての感想から“センター”への思いなど、時間の許す限り聞いてみた。

――まずは、みなさんが今回のドキュメンタリーを観て感じたことから伺いたいです!

兒玉:たくさん泣いてましたね! しかも、普段見せない涙だったんじゃないかなと思います。それがすごい新鮮でした。それに、今までわからなかったメンバーの思いも知れましたし。私だったら、同期のさくちゃん(宮脇咲良)とは話こそするけど、お互いの本音までしっかり語り合うことって当時はなかったんですよ。そういうのも映画を通して知ることができました。

⇒【個別写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1196112

兒玉遥。HKT48の1期生。4thシングルで初センター

田島:きっと、さしこちゃん(指原莉乃)が監督してくださったから、あんなに涙や本音が出せたんでしょうね。ほかのドキュメンタリーにくらべて距離が近かったし、いろんなメンバーにスポットがあたってるなって思いました。

――今回、監督は指原さんでしたね。確かに指原さんと話すシーンはみなさんの素顔が観られた気がしました。

田島:おかげで、HKT48のよさがたくさん詰まった映画になっていたし、観たらHKT48に興味を持っていただけるんじゃないかなと思います。

朝長:私、指原さんと一対一で話す日は「泣かないぞ!」って決めて行ったんですよ。でも、指原さん話を進めるのが上手で。こんなこと今まで話したことないのにって気持ちまでスルスル話しちゃいました。だからきっと、私たち以外のみんなもそうだったんじゃないかなって。本当に、本音がガッツリ詰まってます。

――しかも、その様子を映像で客観視するっていうのも新しい感覚ですよね。

兒玉:(恥ずかしそうに)もー私、本当にあの姿を見られたくなかったんですよ! というのも、「アイドルはステージでキラキラしている姿だけ見せるべき」って思ってたので。本音をさらけ出してる私を見せたら、嫌いになる人もいるんじゃないかって思って、すごく不安だったんです。でも、観た人の感想は私の想像とは全然違いました。より一層距離が近くなったというか、絆が深まったなって感じるんです。

田島:私も、もともと人に気持ちを伝えるのが苦手だし、人に弱いところを見せたくないっていうタイプなんです。だから抵抗があって……ファンの方は私がそういう性格だって知ってるからこそ「いつもと違う芽瑠ちゃんを見られてよかったよ」って言ってくださったりして。ああ、よかったなって思いましたね。

次のページ 
3人でセンターの話はする?

1
2
3
尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48

指原が伝えたかった“HKT48”のすべて


最高かよ

センターは人気爆破中のドラフト2期生松岡はな!




おすすめ記事