スポーツ

“ロイヤルランブル”ショーン・マイケルズV2――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第209回(1996年編)

WWEオフィシャル・マガジン

ショーン・マイケルズは“ロイヤルランブル”2年連続優勝。春のスーパーイベント“レッスルマニア12”のメインイベント出場権を獲得した(写真はWWEオフィシャル・マガジン表紙)

 ショーン・マイケルズは“ロイヤルランブル”出場全30選手中、18番めのエントリーとして試合開始のゴングから32分41秒が経過したところでリングに上がってきた。

 時間差式変則バトルロイヤル前半戦のキーパーソンが“新顔”のベイダーだとしたら、後半戦の主役はいうまでもなく前年11月の“失神事件”以来、この日が2カ月ぶりの復帰戦となったショーンだった。

 ショーンよりもあとから入場の顔ぶれは(19)白使(20)タタンカ(21)アルドー・モントーヤ(のちのジャスティン・クレディブル)(22)ディーゼル(ケビン・ナッシュ)(23)カマ(のちのゴッドファーザー)(24)スティーブ・オースチン(25)バリー・ホロウィッツ(26)ファトゥー(のちのリキシ)(27)アイザック・ヤンカム(のちのケイン)(28)マーティー・ジャネッティ(29)デイビーボーイ・スミス(30)デューク・ドローシー。

 ショーンが登場してきた時点では先頭バッターのトリプルHことハンター・ハースト・ヘルムスリー、4番めでエントリーのジェリー・ローラー、10番めでエントリーの123キッド、17番めでエントリーのオーエン・ハートらがまだリング内に残っていた。ショーンはプレス・スラムの体勢から軽量のキッドをまずトップロープごしに場外に落とした(34分2秒)。

次のページ 
オーエン・ハートは…

1
2
3




おすすめ記事