スポーツ

時代はオルタナティブを求めていた――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第213回(1996年編)

ザ・レスラー

WWEの主役としての道を歩みはじめた“HBK”ショーン・マイケルズ。“交渉グループ”クリックの発言力、影響力は――?(写真は米専門誌『ザ・レスラー』表紙より)

 時代はオルタナティブを求めていた。オルタナティブalternativeとは“二者択一の”“(ふたつ以上のものから)選択すべきもの”“選択の対象となるもの”“代わりとなる――”といった意味の形容詞・名詞。アメリカのプロレスファンはチョイスすべき新しい選択肢を探していた。

 1990年代後半からミレニアムにかけて世界的なムーブメントとなったオルタナティブ・ロックは、ヘヴィーメタルでもパンクでもプログレシブでもない新しい音の流れだった。

 これをプロレスに置き換えてみると、WWEの90年代後半のニュー・ジェネレーション路線はリングの上のオルタナティブの提案だった。プロレスにおけるオルタナティブとは、ハルク・ホーガンでもリック・フレアーでも、あるいは“マッチョマン”ランディ・サベージでもない新しいサムバディーということになる。

次のページ 
年間300公演という殺人的スケジュールをこなしていたブレット

1
2
3




おすすめ記事