雑学

“事故物件住みます芸人”松原タニシが体験した本当にヤバい話



殺人アパートの近所で暴行事件が発生!!


 そんな現象が続くなか、ある日、家で起きた事件の全貌が判明した。近所の中華料理店の店長に家を尋ねられ、アパート名を答えると、店長は目を丸くして「え? あの殺人があったとこか? えらいところに住んでるな」と驚いた。聞けば、30を超えた男が一緒に住んでいる母親を部屋でボコボコに殴り、風呂の湯船に沈めて殺したとのこと。電話越しの水の中で喋っているような声はもしかして……。

 ところが、それから数日後、家の近くで事件が起きた。老婆がカナヅチでなぐられて怪我をしたのだ。捕まった犯人の名前には見覚えが。なんとこの部屋で母親を殺した男だった。男は裁判の後、精神科に収容されたが、脱走して戻ってきていたのだ。心霊現象かと思っていたが、ドアノブをガチャガチャ回していたのも、おそらくこの男。たまたまトイレに入っていたからよかったものの、ドアを開けていたらカナヅチで頭を割られていたかもしれない。

 安さがウリの事故物件。背負うリスクもまさに命がけのヤバさだ。

取材・文・撮影/ヤバい商品調査班 中山美里 村田らむ 高木瑞穂 岡田光雄・武田陽子・野中ツトム(清談社)
― [ヤバい商品]を実際に買ってみた ―

1
2





おすすめ記事