雑学

「800kgの落花生」…誤表記と分かってて注文後にクレーム “ネット乞食”の悪質行為にECサイト側の対策は?

 企業の主催するキャンペーンやサービスの穴を突き、あくまで合法的に商品をタダでもらうことを趣味としている“ネット乞食”が、いまECサイト運営者の間で問題視されている。

「800kgの落花生」を頼んでタダ飯にありつく――“ネット乞食”の確信犯にサイト側の対策は? たとえば、いまネット乞食が熱いまなざしを向けているのが、大手通販サイトのAmazonだ。

 ネット乞食歴8年の高石圭佑氏(仮名・33歳・東京都在住)は、Amazonの商品誤表記を利用した最新のシノギ事情を次のように解説する。

「Amazonに出品されている食品の新着商品をひたすらチェックし、誤表記を見つけるんです。たとえば800グラムの落花生の内容量が、800キログラムと記載されていたりだとか。1トン近い落花生なんてありえないですから、間違いだってことはわかってるんですけど、それでも注文する。すると、当然800グラムの落花生が家に届きます」

あえてクレームを入れる


 ここからがネット乞食たちのズルい点だ。

「商品が到着したら、『800キログラムだと思ったから買ったのに、800グラムだった。この値段だったらいらないので返品します』とAmazonにあえてクレームを入れます。すると、ほぼ間違いなく『申し訳ありませんでした。返金はしますが、商品の返送は不要なので、そのままお納めください』と返事が来て、商品はタダでもらえてしまいます」

誤表記の商品を注文した画面。実際には誤表記の量の商品は届かない

次のページ 
なぜAmazonはクレームを受け入れるのか?

1
2





おすすめ記事