雑学

奇跡の水風呂は静岡にあった! “サウナーの聖地”をお嬢様と巡礼



天然水の滝に打たれ1セットで秒速昇天


サウナ しきじ

硬度やカルシウムなどあらゆる数値を凌駕する天然の名水が無料で持ち帰れる! 太っ腹すぎるぜ!

 東京から1時間強で聖地に到着。美紀恵嬢に案内され、堂々の入浴です。フィンランドサウナはMAX120℃のストロングスタイル。10分でたまらず飛び出し、念願の天然水風呂へドボン。焦がされた体を優しく包み込む天然水に身を委ねていると、笑みとヨダレが同時にこぼれてきます。水温は15℃前後。地下から汲み上げるため水温は天気に左右されるそうですが、その不安定さが天然水ぽくていい。キリッと冷えた白ワインのような芳醇さに酔いしれます。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1321646

サウナ しきじ

天然水の滝に打たれ、ミスチルのジャケ写風になったナカソネ。給水口からは冷たい天然水が常時ドバドバ。「持ち帰りの水を有料にしないのは、そんな商売をできる人がいないから(笑)」(美紀恵嬢)

サウナ しきじ 天井から滝のように流れ出る天然水は圧巻の一言。マイナスイオン出まくりの滝に体を入れると、1セット目から秒速昇天。飲んで潜って打たれて飲んで。市販のミネラルウオーターのあらゆる数値を凌駕しているこの天然水風呂は、クレオパトラやしずかちゃんが愛した牛乳風呂をも凌駕する贅沢具合です。3セットを繰り返す頃には脳みそパッカーンになり、「まだいける」と無限ループ状態に。

サウナ しきじ「ほんとクセになるよね。うちの天然水は肌がツヤツヤになるから女性にももっと来てほしくて。ナカソネくんもペットボトルに入れていっぱい持って帰ってね」

 聖地巡礼を終え、静岡美人を求めて夜の街へ。しかし、辿り着いた場末のスナックには長澤まさみも広瀬姉妹もおらず、妙齢のホステスのみ。そんな彼女にしきじ産の天然水を一気に飲み干してもらったのは言うまでもありません。

サウナ しきじ

焼き肉店を経営していた美紀恵お母さま直伝の冷麺(900円)と石焼ビビンパ(900円)は絶品!ビールとの相性も抜群!

撮影/山田耕司(本誌) 応援/テキサス

1
2
【サウナ しきじ】
住:静岡県静岡市駿河区敷地2-25-1
電:054-237-5537
営:24時間
料:900円~(深夜宿泊料金は1400円~)
サウナはフィンランドサウナと薬草サウナの2種類がある。漫画は3000冊以上を所蔵。http://saunashikiji.jp/





おすすめ記事