マネー

“ブックメーカー”は賭けではなく投資である――勝率94%のノウハウとは

 英国のブックメーカーのサイトに登録。同サイトでスポーツの試合を観戦しながら、これだと思った試合にベット! 賭けに勝つことで、お小遣いを増やしていく――。『ラクラク・かんたん・超楽しい! ブックメーカー投資入門』(金川顕教著、黒川こうき監修)には、そのノウハウが満載されている。前回は、その魅力を著者の金川と黒川の両氏が語った。

プロフィール 黒川氏は、自ら1万試合に賭け、徹底的にデータを取り続けた結果、なんと勝率94%を誇るマル秘テクニックを編み出したという。同書に掲載されているノウハウの一部を、ここに紹介しよう。

ブックメーカーで勝率94%を誇るノウハウとは?


 ブックメーカーは、ありとあらゆるスポーツを賭けの対象としている。ポピュラーなのはサッカーで、ルールがシンプルな分だけ日本人の初心者にも馴染みやすいという。単にどちらのチームが勝つかだけではなく、「1点目を入れるのはどちらのチームか」「コーナーキックの数」などマニアックな事柄にもベットできる。

 その中で、金川・黒川両氏のオススメは、「Alternative Match Goals(オルタナティブマッチゴールズ)」。これは、「試合が終了した時点で両チームの得点が何点以上か以下になるか」を予想して賭けるもの。どちらのチームが何点取ったかは関係ない。「Over」か「Under」かにベットする。たとえばUnder3.5に賭けた場合、両チームの得点が3点以下であれば、勝ち。4点以上なら負けだ。

 同書は「Under」に賭けることを勧める。最大のポイントは、どういう条件が揃った試合にベットするかだ。

 黒川氏の研究の結果、オッズと待ち時間(賭けてから結果が出るまでの時間)と勝率のバランスが一番取れているのは、以下の3つの条件をクリアした試合だ。

①経過時間=試合開始後65分~70分にベット開始

②互いの点数=3点以下(0-0、1-0、2-0、3-0、1-1、2-1)

③レッドカード数=両チームゼロ

 この条件を満たす試合で、その時点での両チームの得点の合計+2.5以上の「Under」に賭けるというのだ。たとえば両チームの得点合計が2点の場合、Under4.5、Under5.5、Under6.5にベットするといった具合だ。

次のページ 
それぞれの条件について解説

1
2
ラクラク・かんたん・超楽しい! ブックメーカー投資入門

イギリス発の歴史ある粋な文化として世界中で楽しまれている、ブックメーカーのスポーツ・ベッティングの入門書





おすすめ記事