エンタメ

有名人の浮気発覚が連発中。だが、それは本当に「浮気」なのか?【カリスマ男の娘・大島薫】

見た目は美女でも心は男――。「カリスマ男の娘」として人気を博し、過去には男性なのに女優としてAVデビューを果たした大島薫。女性の格好をしたまま暮らす“彼”だからこそ覗ける、世の中のヘンテコな部分とは?

大島薫 浮気の基準はどこから?という永遠のテーマに自分なりに答えを出してみようと思う。

 5月18日発売の女性セブンにて、またもや不倫の話題が取り上げられた。バイオリニストの葉加瀬太郎さんが、自身のコンサートツアーのコーラスメンバーとデートの後に、路上でキスをしているところを目撃され、これは不倫なのではないかと報じられている。

 昨年1月の”ゲス不倫”から芸能界の不倫騒動が後を絶たないが、ホテルに2人でいる写真などとは違い、今回は「デート」と「キス」をするという段階の話だ。ボクはここで、ふと疑問を持つ。はて? なぜ他人が「不倫」や「浮気」の基準を決められるのだろうか。

 この不倫報道が続く最近の流れで、ワイドショーや報道番組などで同時に語られてきたのが、この「浮気の基準」だ。ある人は「肉体関係を持ったら浮気」といい、ある人は「好きになったら浮気」という。一応、民法上では「不貞行為」が行われたら浮気とみなされるらしいが、この「不貞行為」がどこまでを指すのかは、定義があいまいだそうだ(過去の判例とかによると、セックスは明確にアウトらしい)。

 そもそもそれだって、浮気をされた本人が訴えるかどうかは当事者の基準によるじゃないか。

 例えば、ボクは男性でありながらAV女優をやっていた経歴を持っているが、「肉体関係を持ったら浮気」だとするなら、AV女優で彼氏や旦那さんがいる人は全員浮気をしていることになってしまう。また、望まないセックスまで浮気と見なされたらたまったものではない。

 しかし、「好きになったら浮気」を基準にすると、こうも考えられる。「仕事以外で肉体関係を持つことになった時点で、ある程度相手に好意を持っているのではないか?」と。

 だが、肉体的には男性であるボクからすると、必ずしも好きだからセックスをするわけではないという「男の理論」も頭をもたげてくるのだ。特殊な例を除いて、男性向けの風俗がこれだけ乱立するなか、「じゃあ、指名した風俗嬢を男性客が全員恋愛感情を持って接しているのか」と。

 では、こんな基準はどうだろう。「相手に言えないことをしたら、浮気」

「オープン・リレーションシップ」という考え方


 要するに本人に「罪の意識」があるかどうかなのだと、ボクは思うのだ。

 オープン・リレーションシップという言葉をご存知だろうか? これはLGBTに限った言葉ではないが、わりと多く聞くのがゲイ業界だ。簡単に言うと、「恋人同士だけれど、お互いに別の人と自由に関係を持っていいよ」という恋人関係を指す。

 ボクの知人のゲイ男性は養子縁組で事実上男性と結婚状態になっているが、このオープン・リレーションシップを実行している。本人たちはセックスレスなのだそうだ。互いに別の場所で性欲を発散し合うが、双方ともに愛し合っている。

 さて、この場合は「浮気」といえるのだろうか? 恐らくこの2人は何のためらいもなく「昨日風俗に行ってきたよ」とか、「明日は若い男の子とデートだよ」と言い合えることだろう。だって、2人にとってそれは「罪」ではないから。

次のページ 
もしかしたら葉加瀬夫妻にも2人の取り決めが……?

1
2





おすすめ記事