エンタメ

AV女優イベントの控室で起こる“ギスギス感”の正体とは?【カリスマ男の娘・大島薫】

 見た目は美女でも心は男――。「カリスマ男の娘」として人気を博し、過去には男性なのに女優としてAVデビューを果たした大島薫。女性の格好をしたまま暮らす“彼”だからこそ覗ける、世の中のヘンテコな部分とは?

AV女優イベントの控室で起こる“ギスギス感”の正体とは?【カリスマ男の娘・大島薫】

ニコニコ超会議でのイベントの様子(c) niconico

 先日久しぶりにAV女優だらけの現場に出席した。

 4月30日、7回目の開催となる「ニコニコ超会議2017」に出演者として呼ばれる機会をいただいた。内容はAV女優を数人集めて、真面目にニュースを語ろうというような主旨のものだ。ボクはAV業界を辞めて久しいが、司会の大役を預かった。

 出演者は紗倉まなさん、大槻ひびきさん、月島ななこさん(片桐えりりか)さんという、いわゆるトップ女優たちだ。控室で和気あいあいと盛り上がるAV女優たちを見て、「昔見たトップ女優たちの印象と違うな……」と、ボクは現役時代に見たある光景と重ねていた。

 「Japan Adult Expo」という、AVメーカー、おもちゃメーカーなどアダルト業界を巻き込んで開催される大きな祭典が毎年行われているのをご存知だろうか。ボクは現役時代、そこへ呼ばれたことがある。もう3年前、2014年度の会場はディファ有明だった。

 広いドームに所せましと大勢の観客が集まったが、出演者の人数もすごい。トップAV女優だけを100人も集め、大部屋の控室にはそうそうたる顔ぶれが並んだ。言ってみれば、これも女性の恰好をしたことでしか、見ることのできなかった景色だ。

 ただ、部屋に入ったボクは、すぐにある違和感に気付いた。

控室で感じた「全方位への威嚇」


 美しく、愛らしい女性だらけのその空間に、異様なまでのピリつきを感じる。

「あー、かおるー! 一緒に写真撮ろうよー!」

 顔なじみのAV女優さんに声をかけられる。

「う、うん……」

 それに答え、一緒にスマートフォンで写真を撮る。その間もボクは刃物を突き付けられているような鋭い視線を感じていた。

 ボクが何かをしたのだろうか? いや、そうではない。これは全員から発せられる全方面への威嚇なのだと気づいた。

 実のところ、AV女優で、しかもわりと名の売れた人物たちは、そういう視線をほかのAV女優に向けることが多い。もう引退したため、ここで名前を出すことは控えさせていただくが、誰でも知ってるある有名AV女優が、イベントはおろか現場にすら「自分以外の女を入れるな」と言っていたエピソードなどは業界では有名な話だ。

 ああ、それでかと納得がいった。例えば、有名女優2人が出演している3PモノのAVなど、演者だったボクはもはや見方が変わってしまっている。こういうときはお互いの技術の見せ合い、マウンティングの場にしか見えない。

 どうやって相手よりもエロく見せるか、どうしたら相手よりかわいく映るかの戦い。もちろんすべての女優がそうではないが、有名になればなるほどその傾向は強くなる。

 この女性が抱く感情は何なのだろうか。

次のページ 
女性は「大勢のなかの一番」じゃダメ

1
2





おすすめ記事