デジタル

思わぬガジェットで浮気がバレる!? 恋人や家族と情報を同期するリスク

 フィットネストラッカーは、活動量計とも呼ばれ、腕や衣服などに装着し、歩数や睡眠時間、心拍数などを計測するデバイスだ。最近流行りの健康志向と共に、ユーザーが急増中。自身の健康を把握し、問題がある場合はいち早く検知できるのがウリだ。

健康志向の人を中心にユーザーが増加しているフィットネストラッカー(画像はFitbit Versa 2)

 常に体の状態を記録しているので、万一の時にその人の状態を推測することができる。例えば、2018年10月、ニューヨークタイムズには殺人事件が起きた時刻をフィットネストラッカーの情報から把握し、犯人を逮捕した記事が掲載された。ほとんど海外の事例だが、ほかにも事件解決に役立ったケースが複数報告されている。  逆に、事件がなかったことを証明することもあった。  2015年、アメリカのペンシルバニア州で警察に通報があり、ある女性宅に30代の男性がブーツを履いて家に侵入し、寝ていた自分に暴行をしたというのだ。家の中にはウォッカやナイフが転がっていたが、家の周囲にはブーツの跡がない。そこで警察はフィットネストラッカーの情報を確認したところ、寝ていたという時間に彼女が歩き回っていることが判明。嘘をついていたことがわかり、彼女は告訴されることになった。

フィットネストラッカーと浮気の有無の関係は?

不倫 さて、そんなフィットネストラッカーを使っているジェーンさんがあるツイートを投稿した。彼女はNFLネットワークのレポーターで、恋人とフィットネストラッカーのデータを共有し、運動のモチベーションを高めあっていたのだ。  12月5日、恋人がどこにいるのかわからない状態の午前4時に、「彼の身体活動レベルが急上昇した」とツイート。浮気をしていることが、フィットネストラッカーの情報でバレてしまったというわけだ。このツイートは4.6万件リツイートされ、47.3万件のいいね!が付いた。  その後、「ネタバレ注意:彼は午前4時にフィットネスジムに行っていません」とフォローのツイートもしている。

 彼女のツイートを皮切りに恐ろしいツイートが次々と投下されることになった。自分も夫の不倫を見つけたとか、元夫が60秒間とか90秒間、身体活動レベルが急上昇したことを報告したのだ。おそらくは60秒もしくは90秒の下りは、不倫ではなくソロ活動だと思われるが、ともかくフォロワーを爆笑させることになった。  なかには、彼には理由があったに違いないという人もいた。 「彼は眠れずにドライブに行き、巣から落ちた鳥の赤ちゃんを助けるためにクルマから出たら、クルマが動き始めてしまい、2分間追いかけ、戻ってきたら鳥の赤ちゃんが死んでいて、10分間泣き叫んで転げまわったのだろう。悲しい夜だ」  この無理のある援護射撃は2件リツイートされ、いいね!が27件付いた。

フィットネストラッカーのデータを共有する相手は選ぶべき?

 フィットネストラッカーで健康を管理するのはいいが、全データを公開・共有するのは思わぬリスクもあるということは、特に男性諸氏は覚えておいたほうがよいだろう。お酒を毎晩飲むため、20年前にIT・ビジネスライターとしてデビュー。酒好きが高じて、2011年に原価BARをオープン。2021年3月には、原価BAR三田本店をオープンした。新型コロナウイルス影響を補填すべく、原価BARオンライン「Wi杯」をスタート。YouTubeチャンネルも開設し生き残りに挑んでいる
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事