雑学

ニンテンドースイッチを買えない原因の9割は転売屋のせい!? 入手困難な商品を買い占める手口

 以前、日刊SPA!ではプロ転売屋の酒井佑一郎氏(仮名・25歳・年収1100万円)に、過酷な生活の実態を伺ったが、その酒井氏が現在メイン商材としているのが、ゲーム機のニンテンドースイッチだ。

 同機は、3月3日の発売から半年以上が経過したにもかかわらず、今なお入荷すれば即完売。ニンテンドーが増産体制のアナウンスを出した今でも、オークションやフリマアプリではプレミア価格での取引がされている。

 プレミア価格が付くということは、欲しいと思っているにもかかわらず買えない人が多数存在することを意味している。転売屋による買い占めも、買えない人を生む要因の1つだろう。

 では、転売屋は多くの人が買いたくても買えない商品をどのようにして買い占めているのだろうか? もし、あなたがニンテンドースイッチを買えないとすれば、それは9割転売屋のせいかもしれないと思わざるを得ない驚きの手口を紹介しよう。

「子供のためにどうしても欲しくて……」と言えば在庫を教えてくれる


「いちばん大事なのは、情報です。毎日、行動圏内の店に片っ端から電話をかけて入荷の有無と、入荷するのは何曜日が多いか聞いておきます。ヨドバシカメラやゲオのようなチェーン店だけでなく、電話帳を引いて個人経営っぽいゲーム屋にも電話をかけるのもポイントです。特にチャンスなのがおばさんの店員が電話に出たとき。『子供のためにどうしても欲しくて……』みたいな小芝居をかますと、まず教えてくれますから。たまにコッソリ予約を取ってくれることもありますよ(笑)」

あなたがニンテンドースイッチを買えない原因は9割転売屋のせいだ「子供のためにどうしても欲しくて……」嘘をついて在庫を聞き出すことも

「うまく回れば半日でこのくらいは手に入れられる」(酒井氏)

 店舗に目星がついたら、次は購入だ。しかし人気商品は1人1台限りの場合も多く、1人で大量に買い占めることは難しそうだが……。

「店舗ごとに対応が違うので一概には言えませんが、店員を変えてレジに並ぶのは基本ですね。まず最初にベテランっぽい店員から買ったら、車やロッカーに商品を隠して、またバイト店員の列に並ぶ。ベテラン店員は自分が担当していない客でも誰が買ったか目を光らせていたりしますが、バイトは適当な場合が多いのでうるさく言われない。大型店舗では特に有効です」

チェーン店の転売屋対策とは


 またチェーン店には独自の転売屋対策があり、それを破る方法もあるという。

「たとえば大手家電量販店Xでは、プレミア商品を2回購入しようとするとエラー音が鳴ります。これは、日付を変えても同チェーンの別店舗に行っても代わりません。どうやらポイントカードに購入履歴が残っていて、会計の際に履歴を参照してエラー音を出す仕組みのようです。

 ということはつまり、前もってボールペン等の安い商品を買ってポイントカードを大量に作っておけばエラーは鳴らないんです。また、某ビデオ店の抽選販売は電話番号のみで抽選ができるため、月100円で家の番号を1つ増やせるフレッツ光の『追加番号サービス』や月500円で携帯番号が付与されるドコモの『マルチナンバー』を最大限活用すれば、買える数もグッとアップします」

 店舗販売ではなく通販でもこのようなテクニックがあるという。

転売をメインとする業者が販売している自動購入ツールがあるんです。自動で商品在庫の有無をチェックし、在庫があれば注文信号だけを直接サーバーへ送ってくれるので、一般客よりも数十倍速い速度で購入できます。一度商品ページを指定すれば在庫確認まで全自動なので、セッティングしたら放置でOK。対応していないサイトもありますが、ヤフー、楽天などの大手サイトなら入荷したらほぼ購入できます。楽天が100台単位のニンテンドースイッチを入荷をしても10秒で売り切れるのは、僕みたいにツールを使っている人たちが食い荒らしているんでしょう」

次のページ 
家電量販店員を買収!?

1
2




おすすめ記事