雑学

読書感想文って意味あるの? 原稿書く仕事をしてるけど役に立ったことがない【ひろゆき】

― ひろゆきのネット炎上観察記 ―

●宿題すらもポチる時代!? メルカリで読書感想文売買

 メルカリに読書感想文が出品されSNS上で話題だ。値段は数百円ほどで夏休み終盤の8月末には既に売り切れの商品も存在。運営側もこうした状況を把握しているが法的な問題もないことから静観中だ。ネット上では「俺も親にやってもらってたし」という肯定的な意見や、「メルカリを見るといろんな需要があるんだなと感心」など新たなビジネスを模索する声も。

画像は「朝日新聞デジタル」より

画像は「朝日新聞デジタル」より

原稿書く仕事をしてるけど、読書感想文が役に立たない件


 昔から起きてることで、定期的に話題になって議論になるテーマってありますよね。「大学進学は意味があるのか?」とか、「賃貸と持ち家はどっちが得か?」とか、「自動車は必要か?」とか、基本的に結論の出ない話なんですけど、その中に論文やら読書感想文やらがネット経由で売られてるってのがありまして。話題になるたびに「よくないよねー」「でも止められないよねー」「見抜けない先生や教授が悪いよねー」ってな感じになるものの、結論が出ないで終わるというパターンを繰り返しています。なので、ヤフオクで「感想文」とかで検索すれば300件以上ヒットしますし、そもそも読書感想文や論文の販売を目的としたサイトってのもあったりするのですね。

 という感じで昔からずーっと行われていることなのに、メルカリに読書感想文が出品されてるってのを朝日新聞が記事にしたことで、また話題になっていたりするようです。んで、運営会社としては、「法律や規約に触れないので販売は可」という、これも他のサイト同様のいつものパターンだったりするのですね。

次のページ 
結局本を読むのが嫌いになりそう

1
2




おすすめ記事