ライフ

“AI時代に消える人”の特徴――「やべーよ」と言っているだけで情報を探らない人は危険

【判定!「AI時代に消える人」】

・過去の経験に基づいて行動するタイプだ ・長年培った経験にプライドを持っている ・知りたくない情報には耳にフタをするタイプ ・他人を巻き込まず、単独で行動するタイプだ ・仕事の正確さやミスのなさが取り柄だ ・従来の仕事のやり方を変えるのが苦手だ ・得意分野が一つしかない(あるいはゼロ) ・マニュアルどおりに仕事するタイプ ・指示を出されないと動かない ・人付き合いが苦手、あるいは面倒 ・人を喜ばせようというホスピタリティがない ・会社のルールに従順な社畜タイプ ・会社の成長に貢献したいという気持ちが希薄 ・つまらない仕事でもいいのでラクがしたい ・仕事にやりがいは求めていない ●一致する数が0〜5個 青信号 環境の変化に合わせて柔軟に行動できるあなたはAIを使いこなしながら、さらなるやりがいを追求できるはず ●一致する数が6〜10個 黄信号 省エネ志向ゆえに、なかなか新しいチャレンジに踏み出せないあなた。今が正念場と、腹をくくるべし! ●一致する数が11〜15個 赤信号 これまでの仕事のやり方を変えたくないという気持ちが頑ななまでに強いあなた。今のままでは未来は暗い…… 【藤野貴教氏】 はたらきごこち研究所代表。ワークスタイルクリエイター。新刊『2020年人工知能時代 僕たちの幸せな働き方』(かんき出版)が話題 【野村直之氏】 メタデータ社長 理学博士。MIT人工知能研究所の客員研究員などを経てメタデータを創業。著書に『人工知能が変える仕事の未来』(日本経済新聞出版社) ― AI時代に[生き残る人・消える人]の境界線 ―
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白