マネー

日本のセックスレスを救え! 「ラブラブヒトフェロモン」で相模ゴムの株価も伸び~る!?

まともな就職経験なし。おまけに数字オンチのシングルマザーが、株式投資を始めて7年間、年間損益負けなし。著書「月収15万円からの株入門 数字オンチのわたしが5年で資産を10倍にした方法」も好評な藤川里絵氏が、日々四季報を眺めながら感じたことをつづる投資連載

カップル向けにヒトフェロモンを投入


 会社四季報を読んでいると、どうしてもスルーできない、深掘りせざるをえない記事に出会うことがよくあります。現在発売中の秋号で藤川アンテナがビンビンに反応したのは、相模ゴム工業について書かれた驚くべき一文。

『【新製品】今春投入したカップル向けヒトフェロモン入り芳香剤の出足好調。』

 ヒトフェロモン?

 これはわたしの大好物にちがいありません。

 相模ゴムといえば、世界最薄「ゼロゼロワン」が絶賛大人気、国内コンドームのトップブランドと名高い企業です。そのコンドーム会社が、カップル向けにヒトフェロモンを投入ですと? 迷わず相模ゴムのホームページへひとっ飛びです。

相模ゴム工業オフィシャルサイト

相模ゴム工業オフィシャルサイト

 トップページには、興味深い商品群の数々。

『ビチッと締まる6段グリップ形状コンドーム“SQUEEZ”』
『オンナはぬくもりを感じる温感ゼリー付きコンドーム“HOTKISS”』


 ネーミングセンスありすぎです。すべてをクリックしたいところですが、寄り道してたらキリがありません。さっそく本命のヒトフェロモンをクリック!

 正式商品名は、実に壮大です。

 ちかごろ、どうもトキメキが足りない(泣)というふたりがラブラブになれる「ALL YOU NEED IS LOVE」。(←パッケージまま)

 ここまで読んでドキッとした人は多いのではないですか?

 日本のセックス回数は世界最低レベルなんですって。これは相模ゴムが行った「ニッポンのセックス」調査によって実証されております。

セックスレスの日本にヒトフェロモンを!


 20~60代の男女14,100名に調査したところ、既婚者、恋人、セックスパートナーがいる人たちの1ヶ月の平均セックス回数は1.79回! これは衝撃的です。セックスしてない残りの29日は何してんの? ってことですよ。

 ちなみに都道府県別で、回数がいちばん多いのは佐賀県の2.79回、いちばん少ないのは大阪府の1.52回。ってどんぐりの背比べか! 世界一セックス回数が多いギリシャの平均は月11.7回。3日に1回はやってるんですよ! 見習って!

 これはほんとに由々しき事態です。既婚者のうち55.2%が自分たち夫婦はセックスレスだと感じているという調査結果も出ております。なおかつ、結婚相手とより浮気相手とのセックス回数のほうが多い!という実態も浮き彫りに。(ま、そりゃそうか)

 そんな日本のセックスレス事情を打開しようと開発されたのが、まさにヒトフェロモン入りミスト「ALL YOU NEED IS LOVE」なのです。「日本中に愛が溢れるお手伝いをしたい」という相模ゴムの熱い想いが込められたこちらの商品。

 ヒトフェロモンには、男性フェロモンと女性フェロモンの両方が配合されており、カップルが共に気持ちを高められる、まさに魅惑の液体。衣服やシーツ、部屋などにシュッシュとスプレーして使用するそうです。

 モーレツ試したーーーーーい! 

 四季報には「出足好調」と書かれております。ゆくゆくは、この「ALL YOU NEED IS LOVE」が相模ゴムの売上利益に大きく貢献することになるかもしれません。それによって株価も大きく伸びる(ゴムだけに)かもしれません。投資家として、投資家として(大事なので2回言いました)試さずにいられようか? いやいられまい。

 ということで、じゃーん!

「ALL YOU NEED IS LOVE」

ふたりがラブラブになれる「ALL YOU NEED IS LOVE」

 買っちゃいましたー。

 いやーん、わたしが愛用してる家計簿アプリに、商品名までしっかり自動入力されちゃってるー。

家計簿アプリ

家計簿アプリにしっかりと反映!

 さて、ここで大きな問題があります。

 試す相手がおりません。

 これはカップル双方の気持ちを高めるためのラブラブミスト。ラブラブする相手を見繕うところからのスタートですか? 連載に間に合わないじゃないですかっ(怒)!

 ということで、自腹で買ったヒトフェロモンですが、同棲中のアラフォーカップルに試してもらうことにしました。

次のページ 
ヒトフェロモンを試してみた!

1
2
月収15万円からの株入門 数字オンチのわたしが5年で資産を10倍にした方法

シングルマザーでまともに就職したことがなくて、なおかつ数字オンチでも、お金を増やすチャンスがここにある!





おすすめ記事