恋愛・結婚

初対面でも好きなタイプがわかる魔法の言葉「どんな異性になってみたい?」<カリスマ男の娘・大島薫>

見た目は美女でも心は男――。「カリスマ男の娘」として人気を博し、過去には男性なのに女優としてAVデビューを果たした大島薫。女性の格好をしたまま暮らす“彼”だからこそ覗ける、世の中のヘンテコな部分とは?

 ボクらは好きな相手に自分を投影している。

大島薫

最新写真集の撮影現場より

 今月11月16日発売の雑誌『Maybe!Vol.4』にインタビュー記事を寄稿させていただいた。Maybeは前号でも取材にお答えしたのだが、わりと一度出るとMaybeファミリー的な扱いでもまた取り上げてくださったりする。

 そこで今回ボクに返答依頼が来たのが、「〇〇な人は△△だ」というような自分だけにある独断基準を発表してくれというものだった。例えば、「いつもマメに連絡を返す人は仕事がデキる」とかそういうものを、各著名人などに語ってもらおうという感じ。

 そこでボクが提案したのは「どんな女性になりたい? と聞くことでその男性の本当の理想の女性像を判断している」というようなものだった。

 こうして男性でありながら、女装姿で表に出ている人間といえばボクを含めて一握りしかいないが、例えば単純に女装趣味の男性は世の中にごまんといる。男性が恋愛対象で、だから女性の見た目になっている人もいれば、あくまで恋愛対象は女性で、女装は趣味という男性もいて、その内容はさまざまだ。

 そんないろいろな女装癖のある男性たちと交流してきてボクが思ったことは、女装をする男性は自分が好みの女性の姿になりたがる傾向があるというもの。つまり、清楚系の女性が好きな男性は、自分が女装した姿も清楚系な服や髪型を選んだり、ギャルが好きな男性は自身もギャルファッションをしたがるということ。

 意外かもしれないが、しかし、考えてみればそれは至極当然のことに思える。だって、好きなタイプの女性というのは、自分の考える美しいものであることがほとんどなはずだ。もし自分も女性の見た目で生きようとするなら、目指す美しい姿はタイプの女性になるということは、女装趣味のない男性でもそう理解できない思考ではないだろう。

 つまり、それこそがその男性が抱く女性の理想像だと言える。

秘かに抱いている深層心理にアプローチできる


 しかし、ここがポイントなのだが、あくまで「どんな女装をしたいか」ではなく、「どんな女性になりたいか?」を聞くことが大切だ。

 例えば、いくらなんでも180cmある男性が、ロリコン趣味だったとして自分が女装しても女児服を着たいと思うかというと、さすがに無理があると自分自身思うだろう(たまにそういう女装男性もいるが……)。だから、そこはあえてファンタジーな思考実験的な感覚で聞いてみる。

 設定は魔法使いの魔法で……でも、おかしな薬を飲まされて……でもいい。理想の女性になれるとしたらどんな見た目かを想像させる。

 そうすると、いままで自分自身ロリコンだと思っていた男性が、実はお姉さん的女性に憧れを持っていたりする深層心理に気づかされたりする。

 これは逆に、女性に対して「どんな男性になりたい?」と聞くことでも成立する。合コンなんかで世の女性に理想のタイプを聞いたところで、はっきりと「イケメンが好きです!」なんて言わないが、この方法なら心理テスト感覚で相手の本心を聞くことができる。

 加えて面白いのが、これは見た目だけでなく性格についてもその相手の理想を聞くことができてしまうところだ。「男を誘う魔性の女」でも「3歩下がって男を立てる女」でも、自分が理想とする女性像を、気づかないうちに話してしまう。

 そして、これは何もボクの女装経験から適当に語っているわけでもないのだ。

次のページ 
このテスト内容はユングの教えとも共通する

1
2
★大島薫への相談を募集中。匿名希望の方はペンネームを記入してください。⇒投稿フォーム(https://nikkan-spa.jp/inquiry
※題名には「大島薫への相談」と記載してください。なお、いただいたエピソードは、日刊SPA!にて採用させていただくことがございます。ご了承ください

大島薫写真集 大島薫に例のアレを着せてみた

男の娘、大島薫の写真集発売!




おすすめ記事