エンタメ

宮根誠司だけじゃない! “隠し子”が発覚した芸能人

 人気司会者・宮根誠司に文春砲が向けられた。11月30日発売の『週刊文春』にて、“隠し子”の母である三十代女性のA子さんが、「もう我慢の限界です」と彼のついた嘘について言及。大きな波紋を呼んでいる。

 そもそも宮根に隠し子が発覚したのは6年前。『女性セブン』で“隠し子”の存在を明かしていた。とはいえ、ネット上では「初めて知った!」という声も少なくない。そこで、今回は過去に“隠し子”が発覚した有名人を振り返りたい。

宮根

画像は、所属事務所ホームページより

宮根誠司だけじゃない! “隠し子”が発覚した有名人


 では、これまでに“隠し子”の存在を明かした有名人はだれがいたのか。以下に挙げていこう。

デーモン閣下


 ロックバンド「聖飢魔II」の元ボーカルであり、相撲評論家でもあるデーモン閣下。最近の日馬富士暴行問題では、角界の状況に危機感をあらわにするなど、そのコメントが注目されている。


 そんな閣下だが、これまでに結婚と離婚を繰り返してきた。1993年にかつて交際していた女性との間にできた隠し子を認知するとして記者会見を開いた。その後、別の女性と結婚したものの、2000年に離婚。2003年に現在の妻と再婚した。これまでに子どもが産まれたという発表は一切なかった。しかしながら、新居を建てた際に家族3人で仲睦まじく過ごしている様子が目撃され、2016年2月の『女性自身』にて隠し子として報じられた。ご近所さんからは「いいパパをしている」という証言が出た。

石田純一


 1991年に『週刊女性』がスクープした石田純一の隠し子騒動。トレンディ俳優として人気を博していたさなかだっただけに、大きく世間を賑わせた。石田がまだ大学生で学生結婚していた頃の子どもだという。


 そして、その隠し子こそが、いしだ壱成である。すでに2度の離婚を経験しているが……。現在、19歳の女優・飯村貴子との交際が報じられ、23歳差カップルの誕生に驚きの声があがっている。


 不倫は否定しているが、前妻と暮らしていたアパートに半同棲しているとのことだ。

次のページ 
人気俳優や歌舞伎役者も…

1
2





おすすめ記事