ライフ

相撲取りが最強のグルメである理由――琴剣淳弥×能町みね子対談

最近の相撲部屋の料理はクックパッド頼り?

漫画家の能町みね子氏

琴剣:部屋のちゃんこがおいしいって言いましたが、最近では、入門してくる力士も減っているから、部屋にいるちゃんこ長もいなくなってきているのが現状。もともとちゃんこ長って古株の力士がやるんだけど、年齢的なものもあって結局引退して部屋を出て行くことになる。でも、玉ノ井部屋とか高田川部屋とかは、ちゃんこ長がいて、しっかりおいしいものを力士に食べさせてくれます。やっぱりちゃんこがおいしいとしっかり強くなるんですよ。 能町:ちゃんこ長がいなくなると、当番制で作るってことですか? 琴剣:そうです、当番制です。今の時代、便利なのがクックパッドのアプリ。各相撲部屋が重宝しているそうですよ。でも、部屋の伝統の味がなくなって、どの部屋も同じ味になってしまうという悩ましい問題もありますね。 能町:スマートフォンのおかげで、力士もいろいろな情報を仕入れていますよね。ヒップホップを聞いたり、恰好や持ち物にもこだわったりし始めている。 琴剣:そこは現代っ子ですよ。だって田舎の巡業に行っても、スマホひとつで出前を呼ぶんですよ(笑)。付き人も翌日行く巡業先で出前ができるのかを事前に調べることができる。その辺が私の時代にはなかったことです。いつの時代を見ても食へのこだわりがハンパないんです。おすもうさんのグルメの意見交流もそばで聞いていて本当におもしろいんです。 能町:ご飯の話はいいですねー。今、相撲界もいろいろありますけど、平和な気持ちにさせてくれます。 琴剣:相撲を取っているときとはまた別の表情を見せてくれるから、私自身も食事をご一緒するときは毎度ほっこりさせられています。おすもうさんと繋がっている限りは、とにかく食の情報がアップデートされるから、忙しいけど嬉しい悲鳴を上げています(笑)。 取材・文/日刊SPA!編集部 撮影/難波雄史 【琴剣淳弥】 佐渡ヶ嶽部屋の元力士。漫画家。現役中からスポーツ新聞に漫画連載を持つ。相撲漫画家として、漫画連載や力士のキャラクターデザインも手掛け、テレビやラジオなど多方面でも活躍。著書は、『秘伝!大相撲ちゃんこレシピ-家庭でカンタンにできる、相撲部屋直伝の味』、『大相撲あるある』、そして近著に『相撲めし おすもうさんは食道楽』がある。twitter「相撲めし」公式アカウントは、@sumomeshi 【能町みね子】 文章やイラストの仕事のほうが多い漫画家。雑誌やネット媒体でコラムなどを多数寄稿し、テレビやラジオ、イベントなど多方面でも活躍。特に、相撲愛好家でもあり、NHKにて「能町みね子のシブ5時相撲部」というレギュラーコーナーを持ち、相撲ファンからも熱く支持されている。著書は多数で、『雑誌の人格』『お話はよく伺っております』など、著者多数。新刊『雑誌の人格2冊目』も発売中。twitterアカウントは、@nmcmnc
1
2
相撲めし

垂涎必至!豪快で生き生きとしたおすもうさんたちの食べっぷりにワシはすっかりタニマチ気分


ハッシュタグ




おすすめ記事