R-30

「年収100万円アップ」の口約束に騙された! 40代、転職失敗男の嘆き

有効求人倍率が44年ぶりの高水準と話題だ。こんな景気のいいニュースを聞いて「今が転職のチャンスかも!」と思った人は少なくないだろう。しかし、厚労省の統計によると転職者の約3分の1は年収が下がっている。つまり、決して手放しで喜べる状況ではないのだ。では、希望に溢れた転職者を“転職貧乏”に追い込む要因は一体何なのか。あるケースを紹介しよう。

[転職貧乏]にハマる人の共通点

年収もやりがいもバラ色に見えたがいざ転職したら……

…森野 浩さん(仮名・43歳・既婚)年収750万円→年収700万円

<森野さんの経歴>
18歳 普通科高校卒業
    地元の総合病院に就職
30歳 製薬会社へ転職
38歳 現職の小規模病院に転職

=======

 前職を通じて、小規模病院の理事長と懇意になり、「ぜひ来てほしい」と引き抜かれた森野さん。勧誘時こそ条件はよかったが、その約束は次々に破られていったという。

「最初に提示された条件は年収約100万円アップ。先進的な医療に関わる病院なのも魅力的でした。職場の雰囲気もやる気に溢れていて、夢のような話でしたね」

 唯一のネックは単身赴任になることだったが、これも了承。東北地方から関東地方へやってきた。

 ところが、前職を辞して内定を受け取ってから話は急転する。

「年収を提示したのは人事部長ですが、私を誘った経営陣に『そんなに出せん!』と覆されたんです」

次のページ 
5年後も給料は据え置き。別の約束まで反故に…

1
2




おすすめ記事