R-30

副業は浮気と同じ!? 失敗してわかった「天職の見つけ方」――歌舞伎町10億円女社長

 こんにちは、内野彩華(うちのあやか)です。

 新宿・歌舞伎町にキャバクラを4店舗、銀座にクラブを2店舗経営する、年商10億円の歌舞伎町の女社長。そんな私が野心の大切さを説く、この連載。第25回は「副業は浮気と同じ」です。

18歳でキャバクラで働くも不安な日々


女性 夜

※画像はイメージです(以下同じ)

「今の仕事、楽しいけど、本当はもっと別に自分に向いた仕事があるんじゃないかな……」

 誰もが一度は悩んだことがあると思います。

 そこで今回は、私の失敗経験をもとに、自分に合った仕事の正しい選び方についてお話しようと思います。

 これまでも何度かお話しましたが、私は18歳のときにはじめてキャバクラで働きました。でも、人見知りでお酒が飲めない、気が利かない私が水商売に向いているとはどうしても思えなくて、「他にもっと向いている仕事があるはずだ」といつも心のどこかで思っていました。

「水商売は世間体が悪い」という気持ちもあり、「人様に言えるようなもっとマトモな仕事をしなければ…」と思っていました。

大学生とテレアポ、キャバ嬢の「三毛作」


 水商売自体、はじめた頃はそんなに稼げるわけではないので「もっと稼げる仕事を見つけたい」とも思いつつ、日々の仕事に向き合っていました。

 考えたあげく、塾の教材を売るテレアポの仕事をしてみることにしました。

 昼間は大学生兼テレフォンアポインター、夜はキャバクラという「三毛作」の毎日がはじまりました。週末はキャバクラが休みだったので、土日にはパーティーコンパニオンの仕事も掛け持ちしました。

 今考えると、これではなにが副業かもよくわからないような状態ですが、私は日々あくせくと働いていました。

次のページ 
副業「三毛作」がもたらしたもの

1
2
3




おすすめ記事