エンタメ

井上和香の実家の割烹、ママもやっぱり美人だった

親や兄弟が飲食店をやっているという芸能人やスポーツ選手は意外に多い。そこで、ひょっとしたら本人に会えちゃうかもしれない(?)名店をご紹介。

◆あの有名人の家族のお店に客として行ってみた!

 新宿からほど近い場所に位置するのは、「割烹S」。店内にはあの井上和香さんのビールのポスターがさりげなく張ってあり、実家だということを感じさせてくれる。また、女将のお母さんは、顔の雰囲気が井上さんにどことなく似ていた。笑顔がかわいらしくて愛嬌がある女将さんにコースを尋ねると、夜のお食事は3000円、5000円、8000円、1万円とのこと。さすが割烹をうたうだけあって高級だが、せっかくなので、今回は友人と5000円のコースを頼んだ。

 順に運ばれてきたのは、なまこ酢とさざえの壺焼き、鯛の煮付け、ぶりと赤貝の刺し身、鰆の焼き物、子持ちカレイの和風餡かけの6品。もちろん最後にご飯も付く。いずれも上品で、家庭ではなかなかマネできない味。特に子持ちカレイは卵がぎっしりとつまっており、餡と絡めて食べるとご飯が進む、進む。ひとり暮らしだと、調理して食べる機会の少ない魚料理を堪能できて大満足だった。

 女将さんが気さくに話しかけてきてくれ、料理の説明をしてくれたり、お酒をついでくれたりと、サービスもいい。5000円のコース2人分とビール2杯、熱燗4本くらいでお会計は1万6800円。記念日などに、ちょっと贅沢をしたい人にオススメのお店だ。

鯛の煮付け

鯛の煮付け。身は柔らかく、滋味深い

― 有名人の家族が経営する飲食店グルメガイド【5】 ―




おすすめ記事