エンタメ

高嶋政宏はSM趣味を衝撃告白。サンド伊達、松坂桃李も…変な趣味をもつ芸能人

 10月10日、俳優の高嶋政宏のエッセイ『変態紳士』(ぶんか社)が出版された。本書ではグルメや音楽など、高嶋の趣味について赤裸々につづられているのだが、そのなかで実はSM趣味があった、ということをカミングアウトしており、大きな話題を呼んでいる。

 これまで品行方正なイメージのあった高嶋による突然の告白ということで、戸惑いを覚える方も多いだろう。しかし高嶋自身は、「(SMバーには)興奮するから行ってるだけ。要は“勃つか勃たないか”だから」など、いい意味で開けっ広げな状態なため、人間味があって面白いなどと称賛する声も多い。

変態紳士

SM趣味を告白した著書『変態紳士』(ぶんか社)の表紙。なかなか衝撃的な写真が採用されている。

 たしかに、SMというのは衝撃的な趣味ではあるが、意外な趣味を持っている芸能人は決して少なくはない。今回はそんな、意外な趣味を持った芸能人たちを紹介していこう。

伊達みきお:ぬいぐるみ集めが趣味で、地方ロケに持参してひとり遊びも


 ツッコミの伊達みきおとボケの富澤たけしによるお笑いコンビ「サンドウィッチマン」。両者とも仁侠映画に出てきそうな強面だが、実は伊達、「ぬいぐるみ集め」が趣味なのだそう。

 伊達は2018年1月に放送されたバラエティ番組『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演した際、さまざまなぬいぐるみが置かれた自室の写真を披露。サンドウィッチマンといえば、見た目に反したキャラクター性がウケている部分ではあるが、あまりにもファンシーすぎる部屋模様にスタジオには悲鳴まで鳴り響いていた。

 また、相方の富澤によると、地方ロケのときにはカバンにぬいぐるみを忍ばせ、話しかけて遊んでいるそう。人は見かけによらないとは言うが…。

サンドウィッチマン

仲良しで有名なサンドウィッチマンだが、地方ロケにぬいぐるみを持ってこられるのはさすがに嫌らしい(画像はサンドウィッチマン富澤たけし公式ブログ『名前だけでも覚えて帰ってください』より)

松坂桃李:デュエリストからは「キング松坂」と呼ばれる遊戯王オタク


 松坂桃李といえば、2009年に戦隊ヒーローシリーズ『侍戦隊シンケンジャー』(テレビ朝日系)で俳優デビューし、2015年放送のドラマ『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』(フジテレビ系)で主演を務めるなどし、今最も勢いのある若手俳優のひとり。イケメンゆえに多くの女性からの支持を集める松坂だが、その実態はゲームやアニメ、漫画大好きなオタクなのだ。

 特に今は人気カードゲーム「遊戯王」のスマホゲーム版「遊戯王デュエルリンクス」にハマっているそうで、自身のTwitterやラジオなどで、たびたび“遊戯王愛”を感じさせるトークを繰り広げている。課金することなく最高ランクの「キング」に到達しているため、ネット上では遊戯王ファンから“キング松坂”と呼ばれ、崇められているとか。


次のページ 
電球フェチのロックンローラー

1
2





おすすめ記事