カーライフ

26年間乗り続けているマツダAZ-1、R32 GT-Rへの回帰…「懐かしカー・オーナー」のリアル 

 平成最後の年末年始に向かって、巷ではちょっとした回顧ブームが起きております。そんななか行われた「大乗フェラーリミーティング」では、20世紀の懐かしいクルマ、いわゆる“懐かしカー”が大集合。中年カーマニアを歓喜させました。通勤の足にする人から、ほとんど乗らない人まで懐かしカー・オーナーのリアルに迫りました!

オートクラブJブロンディ改め永福ランプ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

マニアにとっては最新=最良なわけじゃない!


 高齢化が止まらないニッポンですが、カーマニアの高齢化はもっと止まらない。なにしろ新規参入してくる若者がとても少ないので、現在はおそらく平均50歳くらいでしょう。クルマ趣味はほぼジジイ趣味。盆栽に限りなく接近していると見て間違いありません。

 先日開催したワタクシ主催のイベント「大乗フェラーリミーティング」には、約200台のフェラーリ始め、いろいろなクルマが集まってくださいましたが、当然平均年齢は高かった。やっぱり50歳くらいだったでしょうか。

 ところが! 平均年齢50歳をジジイ集団と思うなかれ。なぜって、日本人の平均年齢が46歳くらいだから! なーんだ、平均よりちょっとジジイなだけじゃんか。

 で、今回のイベントのテーマは「20世紀祭り」。ちょっと懐しいクルマには、ほどよいノスタルジーとロマンがある。盆栽と同じで、新しいのより古いほうがグッとくる。ギラギラ感がないし、趣味としても高尚。そんな感じです。

オートクラブ

【三菱ランサーエボリューションⅥ】流し撮り職人は以前ランエボⅩに乗っていたが、昨年ド中古のランエボⅥに復帰。「名車なので、腫れ物に触るようにしています」

オートクラブ

【BMW Z8】「16年前に購入しましたが、たまにしか乗らないので、購入時8000kmで現在2万km。ノートラブルです」(ダンディ中原さん)

次のページ 
“懐かしカー”を中心に紹介!

1
2
3





おすすめ記事