仕事

独身男たちの“ぼっち年末”の過ごし方 「帰省しても居場所がない…」

 今年も残すところあと僅か。平成最後の年末年始と世間が盛り上がる中、ため息を漏らす男達がいる。帰る田舎ナシ・家庭ナシ・恋人ナシと3拍子揃った独り身の男達だ。

実家にも帰れない…今年も家で一人

寂しい年末

写真はイメージです(以下同じ)

「僕は出身が東京なのですが両親は毎年、正月は父方の田舎に帰るため、実家に帰っても誰もいないんです。友人は地方出身が多く、みんな地元に帰るので一緒に過ごすような奴らもいません。正直、年越しに帰る田舎がある奴らがうらやましいですよ……」  そう話すのは都内でIT会社に勤務する川本正明さん(仮名・33歳)。毎年この時期は仕事が繁忙期となるため、クリスマスと年末はもう何年も1人で過ごしているという。川本さんの寂しい年越し事情を聞いてみた。 「クリスマスは彼女いない者同士で飲み会とかもできるけれど、さすがに休みに入って年越しまで一緒に過ごすのは気持ち悪いじゃないですか。それでも20代の頃はクラブのカウントダウンイベントとかに行っていたのですが、この歳ではもうキツイ。どこに行っても混んでいるし、今年も家で1人で過ごすんじゃないですかね……」

独身男が集まるガールズバー

 川本さんのように年越しを寂しく過ごすという独身男性は少なくはない。大阪で不動産に勤める坂井和也さん(仮名・35歳)もその1人だ。 「若い時は彼女がいなくても友人と初詣に行ってナンパしたりしてたんですが、周りが結婚しだしてからはずっと1人ですね。周りからは『実家に帰らないの?』と聞かれますが、5年前に妹が結婚してから甥や姪を連れて帰省するようになったので、帰っても僕の寝る場所がないんですよね。親からは『いつ結婚するの?』とプレッシャーを掛けられるし、帰省したところで居場所がないんです。  なので、ここ最近の年越しは行きつけのガールズバーで過ごしています。キャバクラだと大晦日に営業している店でも22時には閉まっちゃうんですが、ガールズバーなら2時くらいまで空いているので。カラオケのテレビで紅白やガキ使を見て、店のキャストが作ってくれる年越しそばを食べて過ごします。まわりも独り身の客ばかりなので、安心できるんです(笑)」
次のページ 
女性と過ごすも、新年に後悔
1
2





おすすめ記事