仕事

AIに仕事を奪われ、リストラされた銀行員「絶望しかない」

 吉野氏は必死の転職活動の末、なんとか事務職に就いたものの、年収700万円から3割減。新しい職場でも、AI化の恐怖がつきまとい、安心できないと嘆く。
新型[下流社会]の衝撃

「転職エージェントから銀行職は専門職で、他に繋がりにくい」と言われたと吉野さん。仕方なく賃金の低い事務職に

「今は食品系の会社で給与計算・管理を担当していますが、これもAIで代替できる業務内容。どこに行ってもAIにのまれてしまうんだなと絶望しています。もう上流に上がれない……」  AIにより失業する“上流者”は今後も増えていきそうだ。<取材・文/週刊SPA!編集部> ※週刊SPA!12月25日発売号「新型[下流社会]の衝撃」特集より
1
2
週刊SPA!1/1・8合併号(12/25発売)

表紙の人/ 木村拓哉

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事