エンタメ

スピードワゴン・小沢一敬が“甘~い”セリフを恥ずかしげなく言えるワケ

「人目を気にするほうがカッコつけてると思う」

――小沢さんと言えば、“甘~い”セリフが代名詞になってますが、それも気にすることをやめたからできるわけですか? 小沢:俺が甘いセリフを言うと「そんなカッコつけたセリフ言えないですよ」ってよく言われるんだけど、人目を気にして何もできないほうがカッコつけてるし、そもそも人目を気にしすぎだと思う。世の中には失敗したり、恥かくのが嫌だと思ってる人がたくさんいるけど、ミスしたり恥かいたりしても別にいいんじゃないかな。世の中、悲観するほど全員が悪人じゃないもん。 ――では現在、小沢さんは生きづらさを感じていないんですね? 小沢:こんなこと言うと「また小沢が偉そうなこと言ってる」って思われるかもしれないけど、生きづらさって必要以上に世の中にビビって自分で自分の周りに柵をつくってるから出てくる側面もあるんじゃないかな。ミスしようが恥かこうが、そうそう命までは取られないよ。こんなふうだから俺、生きづらさはゼロ。「繊細だ」って言われがちだけど、全然繊細じゃないでしょ(笑)?
小沢一敬

自分の性格で得していると思う点は「泣き虫なところ」だそう。「泣くとめちゃめちゃ眠くなるでしょ。それで起きたら嫌なことなんて大体忘れちゃう。神様っていいシステム作ってくれたな~って思うよね」(小沢さん)

■ ■ ■ ■ ■  そううそぶくが、インタビュー中も終始「企画趣旨に合ってること言えてる? 大丈夫?」「偉そうになってない?」と細やかな気遣いと繊細な一面を覗かせていた小沢氏。彼を見ていると、繊細さと優しさは表裏一体。折り合いをつけられれば、強く生きていけるのだということがよくわかる。

HSPのセルフ診断リスト

□ 人が髪を切ったことに気づく □ 誰かが怒られていると自分のことのようにドキドキする □ 涙もろく、もらい泣きすることが多い □ 繁華街や満員電車の中では息苦しさを感じる □ 想像力が豊かなほうだ □ 暴力的な映画やテレビ番組はあまり見ないようにしている □ 空腹になると気持ち悪くなる □ ミスをしないようにといつもビクビクしている □ 多くの仕事を同時並行で進めようとすると混乱する □ 人と会うと疲れる <0~2個> HSPである可能性は低い。しかし、該当数が少なくても1つの項目に強く当てはまるなら要注意。対処法を熟読いただきたい <3~4個> HSPの可能性は中程度だが、「傾向がある」と言っても差し支えないレベル。1つの項目に強く当てはまるのならば、可能性は高い <5~10個> HSPである可能性が非常に高い。すでに実生活で生きづらさを感じているなら、HSP専門のカウンセリングを受けることを推奨する 【小沢一敬氏】 ’73年、愛知県生まれ。’98年に井戸田潤とスピードワゴンを結成し、ボケ・ネタ作りを担当する。現在は『オザワナイト』(TBS系)などにレギュラー出演するほか、YouTubeに「スピードワゴン 小沢一敬Official Channel」を開設し動画を更新中 ― [生きづらい病]の正体 ―
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事