ライフ

「ヤンキーのグループから一生抜け出せない」中年になった元ワルの今

 2019年6月19日。窃盗、傷害などの疑いで実刑判決が確定した小林誠容疑者は自宅から刃物を振りかざし逃走。悪質な犯罪者である小林容疑者の逃走を手助けしたのは、地元の不良仲間だった。一般人にはうかがい知れないヤンキー社会の掟とは? 社会に出ても街から出ようとしない地元密着型ワル、その生態に迫った。
社会に出た[元ヤンキー]の光と影

高橋和昭さん(仮名・38歳) 大阪府高槻市出身。地元でトラックの運転手をする。窃盗で少年院歴あり。地元の不良グループのメンバーだった

地元に縛られ続ける元ワル

高橋和昭さん(仮名・38歳・大阪府高槻市在住) 「一言でいえば、『終わりなき体育会系』(笑)。ヤンキーになるっちゅうんは、ゴリゴリの体育会系の部活の『ヤンキー部』に入部するのと一緒。で、入ればマジで退部もできへんし、街からも出ていけん。ずーと続けるしかないんですよ」  人なつっこい笑みを浮かべ、高橋和昭さん(仮名)が自嘲的に言う。中学時代、つっぱっている先輩を見て「むっちゃ、カッコええな」と、同級生に誘われるまま「入部」したのが運の尽きだったという。 「中坊くらいの時は、まだマシなんですよ。その頃のリーダーとか上の連中は、僕らから見てもマジかっこよかったし。そうやなあ、20歳ぐらいかな。中学時代の男前な先輩たちって成人する頃には足を洗って、たとえば建築関係の会社を起こしたり、トラックを買って個人で運送業をしたりして、部活とは距離を置くようになる。そりゃ、そうでしょ。昔のツレは犯罪とかに関わっていたりしますから」  問題は代わりに地元のヤンキー部を仕切るようになる連中が出てくること。 「中高生の時は、どっちかっつーと目立たない、後ろにいたような連中が、ヤクザになったり、あとは企業舎弟やな、そういうのに関わることで急に偉そうになったりするわけですよ。  ヤンキーは力関係に敏感やし、実際、組と関係しているから。たとえばシャブ(覚せい剤)やね。窃盗とかも普通は盗んでも売りさばく先がないけど、組関係のルートがあれば売りさばける。やれば、いいカネになるし、上の先輩の命令は絶対やから断れない。  昔のツレと関わっていると、簡単に犯罪に巻き込まれる。シャブなんかも自分がやらんでも売ばいを手伝ったりはするんですよ。そうなれば、ますます命令を聞くしかなくなる。ほんま、抜けたいですよ。でも抜けるには街を出なあかんから……。どうしようもないですよ」
次のページ 
僕みたいのがカモ
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット





おすすめ記事