恋愛・結婚

妻が上司にセクハラされた…損害賠償を請求すべき?

“外務省のラスプーチン”と呼ばれた諜報のプロ・佐藤優が、その経験をもとに、読者の悩みに答える!

妻にセクハラした上司に損害賠償を請求すべきか?

★相談者★怒髪天(ペンネーム) 会社員 男性 37歳 セクハラ 派遣社員として働いている妻が、上司からセクハラを受けました。飲み会の帰りに酔った勢いでキスを迫られ、ホテルに誘われたようです。その話を聞かされて私は激怒し、すぐに妻に「人事部に報告して処分してもらうよう」伝えました。妻は派遣元に報告して、派遣元から妻の勤務先に報告され、その会社内で降格処分と部署異動があったようです。  セクハラ上司の上の方から、妻に対して直接謝罪もあったようです。私はそれを聞いて一度は納得したのですが、セクハラ加害者が処罰されただけで、妻の被害を回復するものではないと感じ始めました。  もしかしたら、セクハラ上司は降格と部署異動で済んでよかったとホッとしているかもしれません。そうであれば、個人的に損害賠償請求をしたほうがいいのではないかと考えるようになりました。妻はそこまでしなくても……と言っているのですが、佐藤さんはどのようにお考えでしょうか? ◆佐藤優の回答  会社がセクハラを認定し、処分しているわけですから、損害賠償訴訟を起こせば、奥さんが勝つ可能性は十分あります。セクハラ訴訟について精神科医で作家の香山リカ先生はこう記しています。 =====  北米トヨタ自動車で社長秘書を務めていた当時42歳の日本人女性が、同社の日本人社長からセクハラ行為を受けていたとしてアメリカで訴訟を起こしたのです。セクハラの内容は、出張先のホテルの部屋や公園などでからだを触られたといったことでした。  女性が訴訟で求めた賠償金は、総額1億9000万ドル(約212億円)という巨額なものでした。(中略)北米トヨタの訴訟では、社長は「(裁判で)潔白が証明されると信じている」と疑惑を否定したものの辞任に追い込まれ、社会的地位を失いました。その後、トヨタ側と女性とが和解に至り、その内容は公表されていませんが、和解金は巨額であったと推測されています。  一方、日本国内におけるセクハラ裁判の賠償額は、まだそれほど高額ではありません。一般的には100万~300万円と言われ、アメリカと比べると低額ですが、それでも2015年、アデランスに勤めていた女性が起こしたセクハラ訴訟では、アデランスが1300万円を支払うことで和解が成立したと報じられました。しかし、和解金の多い少ないに関係なく、セクハラがいったん明るみに出ると、それを行なった人は先ほどの北米トヨタの社長のように社会的に致命傷を負うことになります (『オジサンはなぜカン違いするのか』120~121頁) =====
次のページ 
話し合って奥さんの意向を確認することが重要
1
2
◆募集◆
佐藤優さんへの相談を募集中。匿名希望の方はペンネームを記入してください。採用者には記念品をお送り致します。⇒応募はコチラから https://nikkan-spa.jp/icol_form(PCのみ対応)

人生の極意

佐藤優が相談者に送った人生を賢く生き抜く72の処方箋

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事