ライフ

「お金のために働く」人生ほどつまらないものはない

いまの仕事楽しい?……ビジネスだけで成功しても不満が残る。自己啓発を延々と学ぶだけでは現実が変わらない。自分も満足して他人にも喜ばれる仕事をつくる「魂が燃えるメモ」とは何か? そのヒントをつづる連載第123回 仕事「人はなぜ働くのか?」  そう問われて、真っ先に思い浮かぶ答えは「お金のため」だ。この「お金のため」という答えは、就職や転職の際に、給与や勤務時間や勤務日数を検討する理由になっている。これはわざわざ説明するまでもない、誰でも無意識でやっていることだ。  しかし、この「お金のため」という答えは、仕事で努力する理由にはならない。今の仕事に限らず、どんな仕事でもお金を稼ぐことはできるからだ。もし「別に今の仕事じゃなくてもいいし」と考えているのなら、きっとその仕事に対するモチベーションも低下しているだろう。 「誰にでも、どんなことにでも当てはまる答え」は努力する理由にはならない。努力する理由は個人的なものだ。そして、その個人的な理由になるのは「自分が心を揺さぶられた体験」だ。  私は「星をたどる」というブログとオンラインサロンを運営している。友人と定期的にビジネスセミナーも開いている。こうして「日刊SPA!」で連載し、先月には「人生を変えるマインドレコーディング」という書籍も出版した。近々YouTubeで動画配信も始めるつもりだ。  こうした仕事をするようなったのは8年前からだ。私は8年前に中高一貫校時代の友人たちとビジネスを始めた。「階層性マーケティング」という自分たちで考案したビジネスモデルをもとに、ファッション、農業、自己啓発といったそれぞれの専門分野で挑戦し、お互いの経験やアイディアを共有するようになった。そうして、ただの友人が仲間になった。  始めたばかりの頃はまだ会社に勤めていたので、夜の8時頃からスターバックスやマクドナルドに集まって作戦会議を開いていた。ある日、駐車場にクルマを停めてスターバックスに入ろうとした時に、ふと空を見上げると月が煌々と輝いていた。駐車場のフェンスの向こうには田んぼが広がっていて、涼しい風が吹き抜けていた。仲間と体験したその夜の風景に、私は心を奪われた。 「仲間と見た月明かりが美しかったから」  私が今の仕事を続けているのは、それが理由だ。何かを続けるには個人的な理由がいる。そして、「継続の理由になるような、自分の心を揺さぶられた体験」を原風景という。「仲間と見た月明かり」は、私にとって今の仕事を続ける原風景になった。
次のページ 
仕事で悩むことがあったら
1
2

人生を変えるマインドレコーディング

人はなぜ続けることができないのか? 続けるには「信念」が必要だ!

Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事