ライフ

同僚50代のセクハラに上司が対応してくれない…女性看護師の悩み

 “外務省のラスプーチン”と呼ばれた諜報のプロ・佐藤優が、その経験をもとに、読者の悩みに答える!
看護師

※写真はイメージです

同僚のセクハラに上司が対応してくれない

★相談者★イライラ(ペンネーム) 看護師 女性 40歳  現在、同僚(50代男性看護師・独身)のセクハラに困っています。セクハラ野郎は仕事中に「キスして」「先っぽだけでも入れさせて」「俺のマグナム、見る?」などと言ってきます。ほかの女性看護師にもセクハラしているようですが、彼女たちはやんわりかわしているようで、私が被害に遭う頻度が一番高い気がします。私はセクハラされるたび、彼に強く注意しています。  しかし、へらへらと対応されるだけです。上司(女性)にも相談しましたが、「〇〇さん(セクハラ野郎)は本気だと思う。結婚したらいい。お似合いだ」などとニヤニヤと対応されるだけでした。セクハラ野郎にモラルはありませんが、看護師としての腕はある人間です。私は穏便な解決を望んでいます。彼への適切な対処法を伝授していただけたら幸いです。 ◆佐藤優の回答  事態はかなり深刻です。この同僚のセクハラには構造的要因があるからです。以前、私はこんな指摘をしたことがあります。 =====  なぜ日本では女性の地位はなかなか上がらないのでしょうか。一九八六(昭和六十一)年に男女雇用機会均等法が施行されるなど、職場の男女平等や社会への共同参画に関する法律や制度の整備は進めてきた。職場での女性の能力の高さも実証された。それなのに、相変わらず女性の経営者や管理職は少ないし、大学の教授会でも少数派のままです。「ガラスの天井」とは、英語の「グラス・シーリング(glass ceiling)」の訳で、女性の組織内での昇進や能力開発を不当に阻む「見えない障壁」を指します。日本社会における「ガラス」とは何か。  私は、これを「文化拘束性」の問題だと考えます。人間はみな、ある一定の文化のなかで生まれ育ちます。すると、その文化のもっている価値観の傾斜や歪みについては、なかなか気づくことができない。(中略)日本はこれまでの「男性優位」の文化を、十分な自覚なしに維持しているために、その土台の上に、男女共同参画を謳う法律や制度を作ってもじゅうぶんな機能を発揮することができないのです。厄介なのは、男性優位的な文化拘束性は、男性だけでなく、女性をも縛っていることです (『サバイバル組織術』176~177頁) =====
次のページ 
「事を荒立ててもいいことはない」という職場文化へのシナリオ
1
2
◆募集◆
佐藤優さんへの相談を募集中。匿名希望の方はペンネームを記入してください。採用者には記念品をお送り致します。⇒応募はコチラから https://nikkan-spa.jp/icol_form(PCのみ対応)

人生の極意

佐藤優が相談者に送った人生を賢く生き抜く72の処方箋

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事