ニュース

4月から全面禁煙のパチンコ店。チェーン大手・ダイナム「ファン拡大に期待」の理由とは

「2020 完全分煙化プロジェクト」でもっと楽しく、もっと気持ち良く

 ホール大手のダイナムは1月15日、東京・千代田区のトラストシティ・カンファレンス・丸の内で「2020 完全分煙化プロジェクト」のプレス発表会を開催した。  今年の4月に全面施行される、改正健康増進法。これにより公共施設だけではなく、飲食店やホテル、またパチンコホールなどの屋内は原則禁煙、喫煙できるのは一定の条件を満たした喫煙室のみとなる。  ホールといえば、長らくタバコの煙というイメージが付き物で、実際に一般の喫煙率が20%を切っているのに対し、パチンコファンの喫煙率は業界団体の調査で50%以上とかなり高くなっている。だからこそパチンコ業界側は改正健康増進法に戦々恐々としているが、そんななかホール大手のダイナムは全国5店舗で完全分煙を先行して実施、そこから得られたデータを「業界の皆様とともに安全・安心なパチンコを作っていきたいという思いと、多くの皆様にパチンコ店は変わるんだというメッセージを伝えたい(藤本達司代表取締役社長)」という主旨から、今回の開示がされることになった。 「ダイナムは全店舗で分煙を展開し受動喫煙のない健康的なホールを提供することを宣言します。」と、藤本社長からの完全分煙化宣言で始まった発表会。

喫煙率の高いパチンコ店での禁煙はどうなる

 藤本社長からは 「2020年4月に改正健康増進法が全面施行される。既に実施されている公共施設に加え飲食業やホテルも原則禁煙になり、これは我々のパチンコホールも同様です。改正健康増進法の趣旨は望まない受動喫煙をなくすということで、一般社会と共存していくうえでその趣旨を満たすため、ダイナムでは全店舗で分煙を実施していく。 施行に伴う経過措置のなかで過熱式たばこを吸いながら遊技することもフロア分煙という形で可能になっているが、現在も安全性が担保されていない以上、ダイナムでは過熱式たばこも含めて受動喫煙を不可とします。 パチンコユーザーの約半数が喫煙をしている現状から禁煙化に不安を覚えるホールも多いと思うが、喫煙率が減少を続けるなかで喫煙可能という形態が多くの非喫煙者をホールから遠ざけている可能性もあるのではないでしょうか。なにより社会からの要請が改正健康増進法であり、業界では足並みを揃えて対策をとるべきだと考えています」  と、宣言を行なった目的について述べられている。
次のページ 
先行禁煙化した店舗で来客増?!
1
2
勝SPA!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事