ライフ

英語YouTuberが選んだ「流行語になりそうな英語表現」5選

ネイティブが会話で弾ませる流行語

「Netflix and chill(=ネットフリックス観ながらゆったりする)」「Google it(=グーグルで調べる)」「Instagrammable(=インスタ映え)」……、これらは最近になって使われるようになった英語の“新語”たち。日本語にも流行語があるように、英語にだって流行語はあるわけだ。  とはいえ普段日本語を使っているので、英語の流行語を知るのはなかなか難しいもの。そこで、外国人との日常を動画にしている英語ユーチューバーのバカイトさんに、今流行っている英語の新語を厳選してもらった。 ●選者/英語ユーチューバーのバカイト 外国人との日常をYoutubeやTiktokにて動画で配信している。1年前からYoutubeに登録し、そこから急激に登録者数を伸ばして、現在登録者数は11万人を超えている。普段は、高田馬場の英会話カフェMickey Houseにて勤務。外国人とシェアハウスもしていて、昼夜問わず英語に触れあう日々を送っている。 【過去記事】⇒流行語になりそうな英語表現。団塊の世代→boomer、インスタ映えは…?

1「Lightweight」

意味:「酒が弱い」 「このLightweightという新語は、Light+weightが組み合わさったひとつの単語で、お酒が弱いという意味になります。『I’m lightweight.(お酒があまり飲めない)』という感じで飲み会のシーンで使うといいでしょう。」 「この新語について知ったのは、外国人の友達と飲んでいるとき。『Are you weak for alcoholic drink?(=お酒弱いの?)』と聞いたら、友達に『Are you lightweight?』の方が同じ意味でもナチュラルに聞こえるよと教えられました」お花見や歓迎会など、これからのシーズンに活躍しそうな新語だろう。

2「I’m in!」

意味:「参加!」 「これはLINEなどのメッセージアプリよく見る新語です。たとえば『飲み会があるけど参加したい人いる?』というメッセージが来たときに『I’m in(=参加!)』と返答します。飲み会に行くグループに“入っている”というイメージの言葉ですね」

実際のLINEでのやりとり

 ちなみにinをdownに変えて『I’m down.』にしても『参加する!』という意味になる。 「『I’m down』はなかなか面白い言い回しでして。『How are you?』という挨拶に対して『I’m down!』と答えたりします。downと言っているので『気分が優れない』のかなと思いがちですが、全く逆で『元気だよ!』という意味になります」
次のページ
お金持ち(rich)に代わる新語は?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事