恋愛・結婚

ベテランストリッパーが語る黄金時代「地方巡業は町おこしのようなお祭り騒ぎ」

ストリップ消滅を食い止める鍵は、“客層の若返り”。

 矢沢自身「当たり前のようにお客さんが沢山入っていた時代とは違う」と現在のストリップ危機を認めるところだが、ストリッパーたちも手をこまねいているわけではない。 「ただ踊って裸を見せるのではなく、ポールダンスやアクロバティックな演目をやる若い方も多く、アスリート並みに筋肉が発達している方もいます。ストイックな人もいて、オリンピックならぬ“ストリンピック”が開催できそう。私? 私はジムよりエビスビール。予選落ち確定ですね…」。  文化消滅を食い止める鍵となるのは客層の若返りだ。ところが昨今の男子は残念なことに草食化。わざわざ足を運ばなくとも、ネット上で満足というインドア派も多い。しかも昭和から続くエロ文化となると怪しい怖さもあり、敷居が高い。  そんな怯えるストリップビギナーに向けて「入場料金もぽっきり。ボッタクリなんかありません。20代前半のストリッパーも沢山いるので、色々な意味で楽しめますよ。全部見えちゃうから隠せないので『あの人本当に23歳?』とか推理しながら見るのもオツ。女性客も増えているし、怖いどころか凄く明るい場所。無邪気な子供に戻れちゃう場所かもっ!?」と矢沢は解説する。  ストリップの醍醐味はやはり、デジタルでは味わうことのできない生身のライブ感だ。「劇場によっては、ショーの終わりに握手やハイタッチができたり、チップをあげることもできます。1000円程度で好きなポーズでのチェキ撮影も可能です。その際にちょっとだけ会話もできますから、大人の世界のAKB、“会いに行けるストリッパー”だと思って遊びに来てほしい。こっちがパイオニアですけどね」。令和もどっこい生きてる、その輝きがストリップ劇場を明るくしているのだろうか。 映画『彼女は夢で踊る』ストーリー

©2019 映画「彼女は夢で踊る」製作委員会

 広島の老舗ストリップ劇場に閉館が迫っていた。社長の木下(加藤雅也)は過去の華やかな時代を思い出す。最後のステージを飾るストリッパーたちが劇場にやってくる。この舞台で幕を引く有名ストリッパーや、謎めいた若い踊り子。閉館への日々に、木下は忘れていた遠き日の恋を思い出す…。何度閉館に追い込まれても蘇る伝説のストリップ劇場を舞台に、時を越えて交錯する劇場に秘められた美しいラブストーリーが描かれる。 <取材・構成/石井隼人>
1
2
◆映画『彼女は夢で踊る』
劇場には忘れられない恋があった。

◆出演:加藤雅也、犬飼貴丈、岡村いずみ、横山雄二、矢沢ようこ

◆監督・脚本・編集:時川英之
(映画『ラジオの恋』 『シネマの天使』『鯉のはなシアター』)

◆企画:横山雄二
◆撮影:Ivan Kovac / Jeremy Rubier
◆プロデューサー:時川英之 田辺裕美子 

◆挿入歌:「Creep」作詞・作曲 Radiohead/「恋」作詞・作曲 松山千春

◆配給・宣伝:株式会社アイエス・フィールド
◆制作プロダクション:TimeRiver Pictures株式会社
◆© 2019 映画「彼女は夢で踊る」製作委員会
〈2019年/16:9/5.1ch/95分/>PG12

◆HP:http://dancingdreams.jp/

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事