仕事

今年入社のCAは大変?ANA内でささやかれている噂

厳しいことで有名な2005年入社“05ちゃん”

航空業界

写真/Adobe Stock(以下同)

 コロナ禍で過去最大級の危機に瀕している航空業界。そのため、多くの航空会社が2021年度の採用を中止を発表した。 ANAは5月に採用活動の一時中断を発表し、再開は未定としている(6月14日時点)。  この状況下で、ANAのCAの間では1つの噂話がささやかれているという。ANAでCAとして働く福岡三咲さん(仮名・25歳)がその噂について教えてくれた。 「“05ちゃん”みたいに“20ちゃん”がなっちゃうんじゃないかと言われています。“05ちゃん”というのは、2005年入社の人たちのことなんですけど、厳しい教育を受けた結果、後輩にも当たりが強くなった世代だと社内でも有名なんです……」(福岡さん)  “○○ちゃん”という呼び方はANAのCA特有のもので、たとえば2010年入社だと“10ちゃん(イチゼロちゃん)”、2015年入社だと“15ちゃん(イチゴちゃん)”と呼ばれる。「”イチゴちゃん”は聞こえがかわいらしくて、ほかの世代から見たらちょっとだけ羨ましいんです」(福岡さん)  と、そんな話は置いておいて、現在のコロナ禍の状況は2003年にSARSが流行したときとよく似ている。その当時、経営が悪化したANAは2003年、2004年の新卒採用を行わず、2005年から新卒を再スタートさせた。 「シビアな状況で入社した05ちゃん世代は、今よりも遥かに厳しい倍率を潜り抜けてきたハイスペック世代。なのに、久しぶりの新卒ということもあり、先輩からは厳しいスパルタ指導が行われたみたいなんです。その結果、自分たちも下の世代に厳しく細かく指導するようになったと言われていて、同期との間では『05ちゃんと一緒のフライトは要注意!』と恐れられています。  実際、“05ちゃん”の話もよく出ますし……。フライト中にめちゃめちゃ厳しく注意された先輩がいて、あとで社員証を見たらやっぱり05年入社だった、ということは多いです」  久々の新人としてスパルタ指導を受けて、下にも厳しくなったらしい05ちゃん。一方、今年入社の20ちゃんは、もし来年後輩が入ってこなければ、下っ端としてやっぱりスパルタ指導を受けて似たようになるのではーーという説がささやかれているという。

新人には食事を選ぶ権利なし? 体育会系な“05ちゃん”

CA さて、フライトのメンバーに“05ちゃん”がいたらいつもより気をつけるそうだが、ふとしたことで怒られることもある。ちなみに福岡さんが05ちゃんにこっぴどく怒られたのは、機内での食事のとき。 「CAは機内で食事するとき、ビジネスクラスかエコノミークラスの機内食を食べるんです。種類はお肉やお魚などさまざま。私が怒られたときは、“05ちゃん”の先輩から『先に好きなモノを食べていいよ』と言われたので、その言葉を信じて本当に好きだった最後の1個の機内食を食べちゃったんです。そしたら『普通に考えたらさ、先輩が残ってるんだから、数が少ないやつ食べる?』と、嫌味たらしく言われましたね」  新人なんだから一番数が多く残っているモノを食べるべき、という先輩の指摘もわかるのだが、それなら最初に「好きなモノを食べていいよ」と言うな! という言い分もごもっともだ。ほかにも、「05ちゃん特有の“公開処刑”があるんです」と、福岡さんは語る。
次のページ
怖い先輩あるある
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事