ライフ

仕事中に腰痛を治す1分ストレッチ。デスクワークの合間に

―[超速ストレッチ]―
 テレワークが主流となりつつある今、家にこもりっきりでいることによるストレスや運動不足、そして、そこから生じる体の不調に悩まされている方は多いだろう。肩、腰、首。長時間のデスクワークで凝り固まった筋肉を解消する超速ストレッチ術を、『超速ストレッチ』の著者であり、藤沢市・辻堂の慢性腰痛整体院「和-KAZU-」の迫田和也氏が伝授。図解まんがと合わせて解説していこう。

第4回 職場でできる腰痛対策1分ストレッチ

 腰痛の原因として一番多いのがおしり、大殿筋です。おしりが硬くなると体が前に寄り、腰の筋肉をひっぱり、痛みを生じさせてしまいます。そして、おしりが出た姿勢だと太ももの後ろがつっぱったり、股関節の動きが制限されます。おしりが硬いと、前屈をしても反っても捻っても、どれにも影響が出るのでとても大切なんです。  特にデスクワークや車の運転など、座りっぱなしの姿勢でいる方こそ硬くなりやすいので、今回はお仕事中のちょっとした合間にもできる、おしりのストレッチを紹介します。 seitai004

目印はおしりの上の骨のでっぱり

 上半身を前に倒すとき、背筋を伸ばして、顔は上むき、あごを突き出すような形で行うのがコツです。  また、おしりの上にある2つの骨のでっぱりを上後腸骨棘といいますが、そこから指2本分斜め下外側へずらしたあたりが、ほぐすポイントとなります。まんがで紹介したストレッチのほかに、このポイントに、前回同様、テニスボールを当ててゆっくりと寝て圧をかけるのも効果的ですので、ぜひ試してみてください。<イラスト/クニ>
―[超速ストレッチ]―
柔道整復師。神奈川県藤沢市 整体院「和-KAZU-」院長。整体院にて長年の慢性腰痛患者の根本改善をサポートする傍ら、YouTubeチャンネルKazuya Sakodaでは、体の痛みを根本的に改善するためのセルフケア動画を定期配信している。
まんがで治す 超速ストレッチ

痛みが発生するメカニズムの説明とその理論、それに対する正しいセルフストレッチの方法をまんがでわかりやすく解説

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事