ライフ

大麻を輸入したイタリア人に対して裁判官が妙にやさしい?<薬物裁判556日傍聴記>

556日間薬物事案の裁判を傍聴した斉藤総一さんによる法廷記録。今回紹介するのは被告人は外国人だ。イタリア人のファッションデザイナー、アンリ・クリス・マルディーニ。最近ニュースでも増加が叫ばれる液状大麻を、投宿予定のホテルで受け取るはずだった自身の航空小口輸送貨物にしのばせたということ。さっそく法廷に目を向けてみよう。           ***

斉藤聡一さん

※プライバシー保護の観点から氏名や住所などはすべて変更しております。

今回は外国籍の被告人

 最初は例によって検察による起訴状の朗読ですが、今回は外国籍の被告人で、通訳がつきます。 裁判官「まず検察官が起訴状の内容を朗読しますので、そこで聞いていてください」 被告人「はい」 裁判官「まず日本語で朗読されたあと、通訳がされます」 被告人「はい」 裁判官「では検察官お願いします」 と、通常より一言多い裁判官の説明により裁判が始まります。 検察官「公訴事実。被告人はみだりに平成30年9月18日頃(現地時間)、アメリカ合衆国において大麻草の商品である液体約4.435グラム在中の航空小口郵送貨物1個を、千代田区小手町1丁目7番8号、ホテルラマンダ東京、被告人宛に発送し、同月20日、同貨物を千葉県成田市所在の成田国際空港に到着させたうえ、同空港関係作業員に、これを航空機の外に搬出させて、日本国内に持ち込み、もって大麻を輸入するとともに、同貨物を東京都江東区古木場13丁目4番1号 BGK株式会社東京ゲートウェイ保税蔵置場に搬入させ、同月25日、東京税関監視部職員による検査を受けさせ、関税法上の輸入してはならない貨物である大麻を輸入しようとしたが、同監視部職員に発見されたため、その目的を遂げなかったものである。罪名および罰条、大麻取締法違反、同法24条1項、関税法違反、同法109条3項1号、69条の11条、第1項1号。以上です」 被告、弁護人は共に、これらについて「その通りです」と回答。続いて冒頭陳述と証拠請求です。

ロサンゼルスから日本へ大麻を密輸

検察官「検察官が証拠による証明しようとする事実は以下の通りです。まず被告人らの身上経歴等ですが、被告人はベルギー王国で出生し、国籍はイタリア共和国であります。被告人はフランスの専門学校を卒業し、ファッションショーのプロデュースなどを業務とする会社を経営しておりました。被告人は本邦(日本国内)では住居不定でした。被告人は前科前歴はありません。  第二に犯行に至る経緯および犯行状況等です。被告人は平成30年9月15日頃、米国ロサンゼルス市内で、交際相手や知人らと食事をした際、知人が被告人の交際相手に対し、大麻製品などと説明をしたうえでスプレーボトルを渡しました。被告人は同月16日頃、自身の荷物をロサンゼルスから日本に郵送することにしました。  その際に被告人は大麻製品を日本に持ち込むことが違法であることを認識しておりましたが、スプレーボトルに入った大麻製品を日本で使おうと考え、それを日本に発送するボストンバッグに入れて、アシスタントに発送手続きを指示し、公訴事実記載の犯行におよびました。本件は同月25日、東京税関監視部職員による検査により発覚したものであります。(後略)」

イラスト/西舘亜矢子

 被告には行き先の日本は大麻が違法という認識があり、結果として逮捕は当然の成りゆきかもしれません。被告がファッション業界でどういった立場に置かれているのか具体的にはわからないのですが、法廷にはスーツ姿の日本人男性が前列にずらりと並んでいるのが目立ちました。  この後の弁護士側立証では、被告が日本弁護士連合会および東京弁護士会宛に100万円の贖罪寄付を行ったことや、イタリア大使館職員が被告人に対する支援をしてきたことも明らかになるので、それなりに社会的立場がある被告と推察されます。
次のページ
被告はどのような人なのか?
1
2
3
斉藤さんのnoteでは裁判傍聴記の全文を公開中。
note(https://note.com/so1saito/n/n7c2769dfcc68
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事